† Twitter †

01/12のツイートまとめ

afterfinitude01

これは大澤先生も『現代思想』で言及していましたが、『有限性の後で』以降のメイヤスーには「来るべき神と復活の哲学者」というイメージが、つまりはナンシーが取り組んでいたキリスト教神学の脱構築という側面が今よりもクローズアップされていくと思います。「亡霊のジレンマ」もその系列。
01-12 20:48

RT @dessinatrice001: 「spectre essentiel(真の亡霊)となった亡霊、本当の亡霊とは何か。それは、我々がその死を弔うことができなかった死者のことだ」クァンタン・メイヤスー「亡霊のジレンマ」
01-12 20:43

RT @dessinatrice001: 「全てが実際、崩壊し得るのだ。木々から星々まで、星々から諸法まで、物理法則から論理法則まで。そしてこれは全て滅びるべしとする何らかの上位の法のためではなく、いかなるものであれ、それを滅びから守ることのできる上位の法の不在の故に、なのであ…
01-12 20:41

もうすぐメイヤスーの代表作が日本でも刊行されるためか、去年発売したメイヤスーの神論への応答をテーマにした小説集『私たちの存在の墓で』の売上数が新年に入って伸び続けています。皆様、お買い上げ心から感謝申し上げます。SRをテーマにした小説集は今年も発売予定です。
01-12 20:34

RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作を含む、これからの時代の新しい文学。鈴村智久 『私たちの存在の墓で』 h…
01-12 20:20

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next