† Twitter †

01/13のツイートまとめ

afterfinitude01

大阪時代お世話になったシスターへの手紙を綴りました。カトリックで洗礼を受けるまで親身に導いて下さったカルメル会のシスターで、彼女は二十歳で修道院に。幼きイエスの聖テレーズが洗礼名。部屋でレターセットを探していると、色々発見しました。 https://t.co/SRfvlPCKCm
01-13 23:20

綿製のピンボードに想い出のポストカードなどをペタペタ。オシャレに飾りたいけど、センスがいるようで難しいですね。 https://t.co/tJlu9c0Uo1
01-13 19:39

カット&ストレート終了。トップスタイリストより指名料は高いですが、いつものディレクターが一番好きです。
01-13 19:32

これは大澤先生も『現代思想』で言及していましたが、『有限性の後で』以降のメイヤスーには「来るべき神と復活の哲学者」というイメージが、つまりはナンシーが取り組んでいたキリスト教神学の脱構築という側面が今よりもクローズアップされていくと思います。「亡霊のジレンマ」もその系列。
01-13 15:12

もうすぐメイヤスーの代表作が日本でも刊行されるためか、去年発売したメイヤスーの神論への応答をテーマにした小説集『私たちの存在の墓で』の売上数が新年に入って伸び続けています。皆様、お買い上げ心から感謝申し上げます。SRをテーマにした小説集は今年も発売予定です。
01-13 15:12

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next