† Twitter †

01/17のツイートまとめ

afterfinitude01

シュティフター「森の小道」読了。これほど読み終えて森の中をランニングしたくなる物語はありません。帰りの森のルートが行きとは違って見えてくる「迷い」の体験も極めてリアルに、素晴らしい精緻さで描出。日々都会の風景に見慣れた忙しい現代人にこそ手に取って欲しい、のどかで安心できる小説。
01-17 23:49

ラカンを経由して『差異と反復』を読むと、全く違った読み方ができそう。差異と反復、これはまさに原初的な欲望が抑圧された後に、差異を伴って回帰してくること(変身としての反復)、つまりはフロイトの「原抑圧」を読み替えたラカンの「第三の排除」(対象aのプロトタイプ)に通底する。
01-17 23:37

ラカン本はいよいよ有名な前エディプス期における「フリュストラシオン」概念まで進めました。前エディプス期ですら生物学的欲求が、母の愛の要求というより人間化されたものへと「表象」される。端的に言えば、人間の欲望は常に別の形式、無意識にリメイクされたものによってでしか実現され得ない。
01-17 23:14

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next