† Twitter †

01/19のツイートまとめ

afterfinitude01

『シェイム』のファスベンダーのような症例の場合、ラカン的に分析するとどうなるのでしょう。私はこれまで彼はコンビニで会計するようにセックスを「消費」する、資本主義的な大量消費を性愛のプラトーへと脱領土化したケースとして認識していたけれど、治療が必要なほどの重症でのラカン的解釈とは。
01-19 20:44

ドゥルーズも恋人と母親のある種の再帰性に言及していたけれど、果たして本当に母親の存在は好きになる女性に決定的な影響を与えるのだろうか。仮にこの時期のラカンの構造分析を正当化すれば、人間の精神はガタリ的な「機械」ではなく、時計仕掛けの予定調和性に回収されてしまわないだろうか。
01-19 20:33

ラカンは、例えば「Aと恋人になりたい」という欲望が挫折した際の心理的な対処方法が、精神病/神経症の鑑別診断において異なる点を前提にしていて、Aの代替物としての対象aという概念を積極的に押し出すのですが、「〜の代わりで、再現前」という意味での表象機能に依存し過ぎている気もします。
01-19 20:29

RT @Situations01: 「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここにある。前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)https…
01-19 16:35

原初的な母子一帯性から、実は母の性愛対象が自分ではなく父親(その他の成人男性)であったと知ることによる打撃から、ファンタスムの中で母親を娼婦化する傾向が生まれる。この幼年期の傷を埋めるために、男性は欠如した母親の「対象a」として娼婦的な女性を性愛対象にするに至る。
01-19 16:22

ラカンによれば、女性はファルスを持っていないのではなく、「不在」という資格において想像的ファルスを所有している。ファルスの不在ゆえに「仮装」という形式においてファルスを装備する。逆に男性は象徴的ファルスを持っているが、「仮装」へと至らしめる原理たる想像的ファルスを持っていない。
01-19 16:04

RT @lunar_shirayuki: 「ゾフィー トイバー アルプ」生誕127周年:スイス人抽象芸術家の生涯とは? https://t.co/aHSiG6nlRK
01-19 15:34

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next