† Twitter †

01/24のツイートまとめ

afterfinitude01

RT @YujiHorii: せっかくなので、はじめてドラゴンクエストを作ったときの資料を公開しますね。まずマップを描いて、その上にトレーシングペーパーを貼り、人を配置。台詞をあてていました。下手な字で、すいません💦 https://t.co/lbvlOARBu1
01-24 21:46

ヘビースモーカーだったドゥルーズの死の原因については様々な分析があるだろうけれど、『シネマ』以降に超越論的な論法と縁を切ったこと、ラリュエル的に言えば「ヘルメトロジー」に抗したことと何らかの関係性はないだろうか。漠然と感じるけれど、人間って神秘性のない世界で退屈せずに生きれる?
01-24 19:40

意図的に秘密を作ることで、そこに真理を収斂させていく運動は間違いなくハイデガーの秘教的側面が湧出した『寄与』に明らかな兆候。名指しされていませんが、存在論への批判的視座からハイデガーが透けて見えてきます。
01-24 17:30

ラリュエル「ヘルメスによる真理」は短いけれど本当に素晴らしい。ここではハイデガーの性起、レヴィナスの他性、顔、デリダのコーラ、そしてカントの物自体までもが、真理をひとつの哲学上の「効果」(つまりはド・マン的なメタファー)である秘密へと送付する「ヘルメトロジー」として批判される。
01-24 17:27

SRとホラーの相性が良いとされてきたのはハーマン、サッカーの影響であってメイヤスーはホラー文学について明言していないんですよね。そもそも科学が成立しない「科学外世界」を舞台にする(この「舞台にする」というSF的発想)それ自体、メイヤスーの関心ではないのでしょう。やはり思弁小説か。
01-24 16:28

佐々木敦「XSFは可能か?」読了。これ、メイヤスー含めSRの芸術化を想定している方には必読。確かにメイヤスーは「物語られること」の外部にしか価値を見出していない。ただ、ディック『ユービック』に可能性を見るなど、小説への一定の配慮(期待?)も窺える。
01-24 16:24

ギャロウェイは脱領土化やリゾームの概念はガタリ由来であって真にドゥルーズ的なものではないと明言していますね。はっきりと増殖し続ける表層的なドゥルージアンと、自分たちの文脈を区別している。
01-24 15:58

「絶対的無関係」というキーワードで見れば、メイヤスーのハイパーカオスを非−哲学的に更に徹底的に推し進めているラリュエルが注目されているという流れがあり、今後は彼の邦訳も進んでいく予感。
01-24 15:54

「ポスト現代思想」ギャロウェイ&千葉雅也「権威の問題」、読了。やはり精神分析が単なる教養だけでなく思考において未だに重要なツールであると再認識。特にメイヤスーのハイパーカオスにラカン的「享楽」を見出す千葉氏の言及は非常に鋭い。「SRの退潮」の現在、ラリュエルが新たなトピックへ。
01-24 15:49

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next