† Twitter †

02/08のツイートまとめ

afterfinitude01

清水先生の「幹–形而上学」のも面白そうだな。ちょっといつもの現代思想より分厚いね。
02-08 21:59

ゲト♫ https://t.co/XrehMJ3cqD
02-08 21:54

RT @honey_go_round: Riccardo La Vallehttps://t.co/kBjySb8OeN https://t.co/6FHDFW8bB6
02-08 21:37

RT @honey_go_round: Riccardo La Vallehttps://t.co/kBjySb8OeN https://t.co/zmWzmsmOnf
02-08 21:37

「...回帰する7は世俗的宗教としての芸術のアレゴリーとも言える。707 = sept cent sept、それはまた sept sans sept (7なき7、神なき宗教としての芸術)である」浅田彰「メイヤスーによるマラルメ」
02-08 17:27

RT @sasakiatsushi: ともあれ、やっぱり僕的には、メイヤスーの言ってることは入不二基義『あるようにあり、なるようになる』と繋がると思えてならない。というか入不二さんからの『有限性の後で』へのレスポンスを読みたい。メイヤスーは分析哲学の幾つかの達成をそうではない仕…
02-08 13:22

RT @sasakiatsushi: その映像自体は、撮影されて上映されているのだから実際にはそういうものではないわけだが、しかし「人間が誰も見ていない、見たことのない、見られたことのない風景」というものは想定可能だし、実際にある。つまりメイヤスーの言う「祖先以前性」や「隔時性…
02-08 13:22

RT @sasakiatsushi: 以前『未知との遭遇』のトークで千葉雅也さんとお話した時にも言ったことだが、故・沖島勲監督の映画『一万年、後....。』に突然、薄暮の湖の映像が出て来て「人間が誰も見ていない風景。でも、そこにある風景」と呼ばれる場面がある。
02-08 13:22

RT @sasakiatsushi: 素人考えに過ぎないけれど、メイヤスーの「事実論的=factual」って、デイヴィッド・ルイスの『反事実的条件法』=Counterfactualsと逆さまに対応しているのではないかと思える。「他のいかようにもあり得た/あり得る」と「他ならぬこ…
02-08 13:17

浅田さんのメイヤスー記事ってこれか。「メイヤスーによるマラルメ」REALKYOTO https://t.co/yYeolerU4D
02-08 13:15



RT @parages: RTした「思索の森」のメイヤスー関連記事:https://t.co/Rq0Vc5KZYB https://t.co/Naw2Q3qzhM https://t.co/VFR0PmM8zU https://t.co/JfJoGowa91 https://t…
02-08 13:10

RT @parages: 自然法則や論理法則すら破壊してしまうかもしれないというメイヤスーの「絶対的偶然性」論は、しばしばトンデモとみなされてきたが、たとえば次の記事で紹介されている論点(一種のカタストロフ論)から考えると興味深い:アルゴリズム的惨事とは? https://t.…
02-08 13:10

RT @yishioka: 今月発売のこちらの本に解説を書きました。よろしくお願いします。 文春学藝ライブラリー『ゴシック美術形式論』ウィルヘルム・ヴォリンガー 中野勇訳 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS https://t.co/kFYeJRKT1p @bungeishunj
02-08 12:53

何か祭儀的な意味があったりしてね。麻薬入ってるかもだけど、デパートって場所だから際立つな。大昔の洞窟の中とかだったら意外にハマりそう?「店内で意味不明のダンスをする不審者」https://t.co/JGeBLmHzfr
02-08 01:10

すごい!二足歩行すると急に賢くなったように感じるね!「ドレスを着た犬が二本脚で人間のように歩き回る」https://t.co/b8gRAFmaou
02-08 01:03

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next