† Twitter †

03/19のツイートまとめ

afterfinitude01

「香りはあらゆる感覚を高め、イマジネーションを惹き起こし、官能に呼びかけ、キスを招き寄せ、思い出を残します」ナディーヌ・ロスチャイルド
03-19 11:09

自分の香りを持っている人、私も好きだな。私の母は香水をあまりつけないタイプだったので、昔から良い香りのする人にはある種の憧憬というか、色気を感じる。
03-19 11:04

RT @rinlaku: 昔からいい匂いがするとよく言われるので特別に香りをつけることが少なかったけど、これからは私が居なくなってもまだ少しの間記憶に残れるような自分の香りを見つけていきたいです。
03-19 10:59

RT @rinlaku: 誕生日が近いので母と一緒に香水を選びに行きました。去年カウンターでつけてもらってから忘れられなかった不思議な香りが鈴蘭の香水だと分かりました。香水特有の甘さが少なくて純度の高いお花の香りが好き。
03-19 10:59

(ロマンスとは、⑶危険を伴う秘密の共有である。そこで初めて真の生成が起きる。換言すれば、相手から好かれたいという意志がその人を否応なく別様の可能性へと生成させる。ゆえに恋愛とは秘密を分有し合う能動的生成(メイヤスー)である。その火が大きければ大きいほど生成は致死的である)
03-19 10:55

RT @ryoku28: 今更ながらにメイヤスー『有限性の後で』、マルクス・ガブリエル『神話・狂気・哄笑』を読んだがどちらも面白かった。三冊目にCatherine Malabou "Avant demain"を読んでるが、これも当たりだ。『純理』の超越論的演繹論第27節読解から…
03-19 10:38

RT @lunar_shirayuki: 「上の空」になること、空を仰ぐこと。天空を見つめること、雲の動きに心を奪われ、額に吹きつけてくる湿った風に雨の接近の匂いを嗅ぎ、遠い雷鳴にあれこれの土地や時間の記憶を辿り、凍りつくような夜気を透して見える星の瞬きにアンモナイトや三葉虫の…
03-19 02:49

RT @lunar_shirayuki: われわれが身に着けたいのはもっと野蛮なまなざし、もっと原始的な、原初的な、いや「元素的」なまなざし、いちめんに広がり出している光の耀いを光の粒子一つ一つの元素的な粒立ちの直接的な感触として体験すること以外には何も求めないまなざしである。…
03-19 02:49

ちなみにマルセルは「花を摘む」という表現を使うんだけれど、この場合の花はもちろん「男の子」の隠喩。ある種の男性にこういうマルセルの演技性が極めて魅力的に映るのは否めない。言われた少年たちはムッとしたり肘で小突いたりしたらしいが。(鈴木道彦『プルーストの誕生』p396-400)
03-19 01:45

17歳のマルセルが年下のダニエル・アレヴィに綴った恋文はこんな感じ。「きみの眼に接吻できないならば、きみの精神を完全に愛することはできない気がする」、「きみの膝の上に座れば、いっそうよくきみの考えていることに合体できるだろう」(1889)
03-19 01:37



漫画だと私は遠藤浩輝『エデン』が好きだな。ティーンの頃は「大切な人には限りなく優しく、そうでない人には限りなく残酷に」っていうエリヤの言葉を信条にしてた(今思えばなんという青臭い台詞!)。あとは『ハンターハンター』のクロロとかゲンスルーが好きだったかな。冷静で狂ったキャラが好き。
03-19 01:22

私は少女漫画について詳しくないけれど、昔母親に自分で描いた漫画を見せたら「あんたの絵は少女漫画みたいやなぁ」と笑われたことがあったっけ。描くとしたらプルースト的なボーイズラブにしか興味はないけれど、『はちみつとクローバー』のカバーの絵柄は素晴らしいと思う。
03-19 01:17

RT @rinlaku: https://t.co/zemwipPOZ9
03-19 01:10

@rm_oti ランジェはバルザックの原作の方が泣けました。でも映画版も私の好きな亡きギョーム・ドパルデューがアルマン役で出ているので好きです。実は今さっき職場から帰宅したばかりで、パトリシア・ハイスミス原作の『ギリシャに消えた嘘』を観ています^ ^モーテンセンが好きです。
03-19 01:04

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next