† Twitter †

03/23のツイートまとめ

afterfinitude01

年老いた老婆が目も眩む美貌を備えて若返ること、物語の背景に潜むのはおそらく一人の吸血鬼の青年。ジェイムズの驚くべき手腕は彼の正体を意図的に削除する点。実質的に吸血鬼の存在はカフカの『城』の主人のようにクリプト化され続ける。 https://t.co/o0oG1lkXXK
03-23 21:29

初期グラックにおける悲劇論の断片はp121以降、あらゆる悲劇の発生に伴う「聖なる精神錯乱」を彼は伝染型の「聖ヨハネの火」と表現する。メタファーの魔術師たるグラックらしい表現。 https://t.co/I2nd5qR9y9
03-23 21:24

ただ一つの蝋燭のみが燈る石化した真夜中の聖堂にも変わり得るのだから。彼女は運命的に愛される。たとえどの薔薇を彼女が選ぼうと、我々は彼女の兄であり味方である以上、慈しみ深い若き神父の如く振る舞おう。ここに「聖なる兄」というひとつの高貴な観念が不可避的に生起する。その絆は永遠である。
03-23 19:22

ロマンスについての省察⑷、「聖なる妹」。我々は常に肉親を越えたプラトニックな絆で結ばれ得る神聖なる妹を待ち望んでいる。彼女の瞼を悲哀が覆う夜には優しく頬にくちづけしてやらねばならない。なぜなら彼女の意志次第で我々の世界は燦爛たる陽光に包まれた穏やかな牧神の午後にも、
03-23 19:13

RT @rinlaku: ポーの一族を読んだとき、はじめて、美は幸福なのだと思った。世界からはぐれた生きものたちの愛と夢。それまでわたしの目に映る美は悲しい夜、はかない唄。「ぼくがどんなに孤独かあなたがたにはわかるまい 時が通りすぎていく」「天にも地にもたった一人のぼくの肉親、…
03-23 01:17

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next