† Twitter †

04/14のツイートまとめ

afterfinitude01

神は、明日にでも実在化され得るし(生まれる)、潜在性に滞留し続ける(生まれない)ことも可能。そういった潜在性を実在化させる強度それ自体として神は「人間化」され得た、ということ。この背景には、神もまたひとつの実在として捉えられている点があげられると思う。
04-14 20:51

「神はまだ存在しない」(メイヤスー)がなぜこれほどラディカルな問いであるのかは、おそらく神学を深く学んだ人ほど切実だと思う。重要なのは時制における「まだ」。換言すれば、潜在性の内に包摂されている多様体は「まだ」実在化されていない。
04-14 20:44

ここでメイヤスーの事実論性の原理とドゥルーズの潜在的多様体(潜在性)の概念を組み合わせることができると思う。つまり、別様の物理法則が成立する世界は、この世界に胎発生時の未分化な状態として「生のまま」組み込まれている。事実性は、潜在性の外延を拡張した概念としても読めるのではないか。
04-14 20:30

要諦をまとめておくと、デランダのいうドゥルーズの実在論的存在論とは、この宇宙が「潜在的多様体の強度的な個体化のプロセス」を原理にして絶えず生成を繰り返しているというもの。強度(内包)とは、ドゥルーズお気に入りの表現を使えば胎発生のメカニズムにおける差異を生み出すキャパシティ。
04-14 20:25

『社会の新たな哲学』で日本でも注目を集めているマヌエル・デランダの論稿「ドゥルーズの存在論」は、メイヤスーと理論物理学の親和性が存在するように、ドゥルーズも科学によって再構成できることを示した重要論稿。メイヤスーとドゥルーズの接点を探る上でも一読の価値ありです。
04-14 20:19

RT @mio0221: 水族館 #photography #Jellyfish https://t.co/ntypOPfqV3
04-14 13:18

RT @lunar_shirayuki: ロマンポルノ復活でメガホンを取る名監督5人の期待度(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース https://t.co/EvHvrPVe17 #Yahooニュース
04-14 13:16

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next