† Twitter †

05/10のツイートまとめ

afterfinitude01

@NorioTsuruta 鶴田監督、この度は本当にありがとうございます。私も監督の御考えに共感いたします。そして芸術における恐怖の役割や美との関係について今後もっと研究したいなと思いました。これからも鶴田監督の御活躍を心から応援しています。
05-10 14:00

ただ、私はその少年からは全く邪気を感じなかった。文字通り、無邪気に遊び、不意に霧消した具合。特徴的だったのはその消え方で、本当にパッと少年の像だけが雲隠れした。その後私に何も起きていないことからも、曰くはなかったのだろう(無論、カトリックなので十字架と玄関の前で祈りは唱えたが)。
05-10 04:48

それにしても、夜更けに鶴田監督から直接お話を聞けたこと(まさに夜に相応しい)自体、とても幸せなことだ。私自身も実は、東京に引越してきてから一度だけ職場で黄色のTシャツを着た少年が不意にアラレちゃんのポーズをしながら消え去るのを見たことがある。半年ほど前なので最近かもしれない。
05-10 04:41

@NorioTsuruta 監督御自身の体験談がベースになっているという点が、あの作品が他の追随を許さない独自の恐怖に到達している所以なのかもしれないと感じました。あの除霊の鬼気迫る場面や、亡霊に明瞭な顔の個性をあえて与えた演出など、後続のホラーに与えた影響は計り知れません。
05-10 04:22

RT @NorioTsuruta: 先の体験談や作品群以外に、大学生の頃からジャン=ピエール・メルヴィル監督の『サムライ』、『仁義』のようなスタイルで怪談を撮ったら、さぞかし怖いだろうと漠然とイメージしていました。 https://t.co/Nz2pnGHp8g
05-10 04:17

RT @NorioTsuruta: 自分自身の小学3年生での幽霊目撃体験が一番のモチーフです。最も参考にした書籍は中岡俊哉編纂『恐怖の心霊写真集』1&2。映画ではデボラ・カー主演『回転』、ロバート・ワイズ監督『たたり』、山本迪夫監督『幽霊屋敷の恐怖/血を吸う人形』。 https…
05-10 04:17

@NorioTsuruta 大変素晴らしく貴重な御返信に心から感謝いたします。恥ずかしながら言及して下さった作品には未見のものが多いですが、この機会にとても観たくなりました。特にメルヴィルの手法など古典的作品との繋がりを感じることができて、改めてホラーの奥深さを実感しました。
05-10 04:07

RT @NorioTsuruta: ありがとうございます。ただし、漢字ではなく『霊のうごめく家』です。見返すと自分でもゾッとします。どうしてこんな作品が作れたのか今や我ながら謎ですし、トビー・フーパーの『悪魔のいけにえ』同様にこれを超えられないのがジレンマです。 https:/…
05-10 02:18

@NorioTsuruta 鶴田法男監督御自身からのレスをいただけてとても光栄です。表記の件は申し訳ありません。当時、近所の友達数名と母と皆で夏休みに観たのですが、この日を境に日常の意識が変わった気さえします。よろしければ何かモチーフや影響を受けた作品があれば教えて欲しいです。
05-10 02:17

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next