† Twitter †

05/16のツイートまとめ

afterfinitude01

誘拐犯と思しき青年を、娘の居場所を吐かせるために拷問するのは正義か、という倫理的な問題がある。冒頭にカトリックの使徒信条を唱えながら鹿を殺す場面に全て圧縮されている。どう考えても、これは認可されない。ただし、同情はする。問題は彼が法的処置ではなく私刑を選択してしまった判断だ。
05-16 23:57

『プリズナーズ』は予想以上にずっしりと重いサスペンスだった。観終わったばかりだが、何か言葉を残して整理しておきたい。誰が犯人かは分かっているが、この映画はむしろ誰が「罪人」かを問うていて、それは結局、主人公たち側にあると言わざるをえない。
05-16 23:51

メイヤスーとシャヴィロが訳されたのなら、ハーマンの単著もいずれ翻訳されるのだろう。
05-16 18:31

蚤の市や骨董市といえば、私などは『ギャラリーフェイク』ではなく、むしろ最近連載再開されて話題の『ハンター×ハンター』ヨークシン編でのサザンピースのオークションを思い出す。ある種の物には「念」が宿り、それは「凝」で可視化されるが、こういうオブジェクト間の接続(ハーマン)は興味深い。
05-16 18:24

昨日の東京蚤の市で、実は香川檀編『人形の文化史』の影響もあいまって「目が合う」人形を探していたのですが(蚤の市の人形買いはちょっと怖い気もする)、なかなか見つからずやや不完全燃焼感があったので、以前から気になっていた少年人形を購入することにした。
05-16 18:16

RT @Situations01: 今、前衛文学にはいかなるエクリチュールが可能か?数学や哲学を横断しながら小説の臨界点を模索した五つの先鋭的な作品群を収録。鈴村智久『終末のメルヘン』(装訂/門倉ユカ)https://t.co/RVt8IDa8Yp
05-16 17:38

RT @dessinatrice001: なぜ愛は詩の形式に至るのか? 〈貴族〉、〈薔薇〉、〈輪廻転生〉、〈オペラ〉など様々な詩的概念を駆使して愛の迷宮を生成させた、鈴村智久による二十三篇の魔術的な恋愛詩集『薔薇苑』。ドゥギー、デリダ、ヴァレリーについての詩論を併録。 htt…
05-16 17:38

RT @cocoronian: ブルデューが重視していたのはエリート校で「知識」ではなく、「勉強する性向」そのものを身体化した「学校貴族」たちがその後「聖別」されたという優越的な意識を維持しつつ、文化資本を増大させカリスマ化 / “女性はなぜ男性よりハイカルチ…” https:…
05-16 16:48

RT @hisamura75: [B!] おもしろそうなのであとでよむ https://t.co/PLSuqTfrM2 女性はなぜ男性よりハイカルチャー志向が強いか?――片岡栄美『「大衆文化社会」の文化的再生産――階層再生産、文化的再生産とジェンダー構造のリンケージ』読解
05-16 16:48

RT @chibi_fk: うわぁゼミでやってたような内容で懐かしさ…!女性はなぜ男性よりハイカルチャー志向が強いか?――片岡栄美『「大衆文化社会」の文化的再生産――階層再生産、文化的再生産とジェンダー構造のリンケージ』読解 https://t.co/VmyZB5jp52
05-16 16:46



RT @tntlum: 「文化の同心円構造」ーー文化資本の貧しい行為者ほど「大衆文化」という小円の中心から出られないという事実が浮かびあがる。エリートがハイカルチャーへの志向性を示しつつ、余興的に大衆文化にも一定の理解を示す所作とは根本的に異なる。」https://t.co
05-16 16:44

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next