FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



† Twitter †

06/14のツイートまとめ

afterfinitude01

譬喩的に言えば、「貴族の子が貴族を生む」図式を法則化するのが決定論ないし宿命論であり、「貴族の子ほど貴族を生む確率が高い」図式を社会科学的に可視化するのが発生論的構造主義に立つブルデューの立場である。双方は似ているようで全く異なる。
06-14 08:22

あくまで現段階での読みに過ぎないが、ライールはおそらくハビトゥスを、行為者を社会的な単一性の原理へと統一してしまう決定論的な概念として「誤認」(おそらくは戦略的に)しているように感じられる。だが、必然性ではなく「確率」が生まれるメカニズムである点をブルデューは強調していたはずだ。
06-14 08:08

ライール『複数的人間』は120pほど進んだ。息抜きにプルースト論を読んでいるが、実はライール自身も『サント=ブーヴに反論する』のパースペクティヴを自身の理論構成において肯定的に緩用している。 https://t.co/xD6bSi6q8w
06-14 08:00

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。