† Twitter †

07/04のツイートまとめ

afterfinitude01

絵画史の中でよく描かれた画題「死の舞踏」の可愛らしい頭蓋骨たちも、リアルにすればこんな感じになるのでしょうね。 https://t.co/lHZLYorqht
07-04 21:02

RT @lunar_shirayuki: 『ザ・ハロウ 侵蝕』森に潜むクリーチャーの群れがおぞまし過ぎて一家を襲い始めるまではかなり怖かったが、クリーチャーに慣れるにつれ怖さは半減。菌に浸食されたジョセフの終盤の姿はターミネーターのような風貌だったが、森の映像は神秘的だった h…
07-04 20:59

この手のホラーを観るたびにサイレントヒルPTが実現しなかった無念を思う。あのゲームにはホラーではない何か別のリアリティがあって(例えばヘザー編の地下鉄や自宅マンションまでの夜の街路、廃墟化した遊園地)、それが小説的イマジネーションを掻き立てさせるのだった。ゲームの中の細部が重要。
07-04 20:47

『ザ・ハロウ』に登場する行方不明になって森で怪物化した少女のインパクトは、デル・トロ『ママ』やサイレントヒルシリーズのクリチャー(バブルヘッドナースとか)くらい壮絶だった。化物になっても赤ん坊は抱きたい、そこにまだ微かな少女性が残っていて、グロテスクなのだが切ない。
07-04 20:36

『ザ・ハロウ』(ゲオでは新作ホラー棚)を観て、英米圏の映像クリエイターは、ホラー映画においていかにキリスト教的な「地獄」のディテールを再現するかに、とてつもない美意識を持っているように感じた。作中の「ハロウ」もビジュアルは完全に悪魔。サイレントヒル的なホラー好きにお勧め。
07-04 20:31

ちなみに、ジュンク堂立川店では松浦寿輝『BP』は在庫ありましたが、蓮實重彦『伯爵夫人』は人気のため品切れでした。
07-04 20:19

あと以前から気になっていた文豪たちのホラーアンソロジー、東雅夫編『幻視の系譜』も購入。特に萩原朔太郎「猫町」をパラパラ捲っている時、この文体は良いなと感じた。
07-04 20:12

ブルデューはやはり手元に置いて何度も再読すべきだという意識が常にあったので、集大成である『パスカル的省察』、弟子筋の論集『国家の神秘』に加え、ラトゥール『虚構の「近代」』購入。『理想』のホワイトヘッド特集も少し気になったが、これはシャヴィロをもう少し読み進めてからでも良いだろう。
07-04 20:07

カラパイアの愛嬌ある点は、以下のようなちょっとトンデモ科学っぽい話題まで紹介してくれるところでしょうね。オカルト系のカテゴリーだと、わりと詳しく調べた記事もあり。
07-04 20:00

「不倫をする女性の6.4%が不倫遺伝子の特殊な変異体を持っていることがわかった」【私が浮気するのは遺伝子のせい。「不倫遺伝子」の存在が明らかに】(オーストラリア研究) https://t.co/KLt14N8odp
07-04 19:53



「空間認識能力、探索・行動範囲の広さと繁殖成功度の関係性が証明されたのはこれが初めてです」【男性の空間認識能力が優れている理由は、女性をゲットする為】 (米研究) https://t.co/mCNl8NMX6P
07-04 19:31

【お知らせ】夏のホラー短編小説を書いたので、どなた様でもご意見、ご感想など、お待ちしております。『黒いワンピースの女』 鈴村智久著 https://t.co/SuHJsPow6x
07-04 00:18

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next