† Twitter †

07/11のツイートまとめ

afterfinitude01

RT @lunar_shirayuki: いずれにしてもSRにとっての「モノが感じる」(人間主体の感じ方ではなく)という命題は、ネット上のAIやアンドロイドといった、やがては量産される「人間でもモノでもない主体」が現代思想において議論される未来において、理論的支柱の一つを提供す…
07-11 19:12

RT @lunar_shirayuki: ハーマンの「第一哲学としての美学」を、物自体には概念でも思考でもなく「美的なもの」へのアプローチによってのみ「感じとられる」と解釈する点も、一見ヴィヴェイロス的なモノとの横断性と通底するように見えて、実質的にはオカルトやSF的なアート化…
07-11 19:12

RT @lunar_shirayuki: 「迷信、自然の神格化、ロマン主義と近くなる危険は侵す値する」(p92)というベネットの言及にシャヴィロが肯定的な点も眉唾よね。シャヴィロやハーマンは良いとしても、彼らに影響を受けた次世代が「新しいスピリチュアリズム」の温床になる可能性を…
07-11 19:12

RT @lunar_shirayuki: こう述べた上でシャヴィロは擬人論的に「石に感覚がある」と考えていて、ここはハーマンとも繋がる興味深い点ではあるんだけれど、芸術や文学との親和性から捉えた場合、アニミズムをコンセプトにした作品と大差ない気がしてしまうのも事実。文脈は違うけ…
07-11 19:12

RT @lunar_shirayuki: 「ホワイトヘッドは、ある石の感覚が人間存在がそうするように意識を持っているとは主張していない。肝心なのは、人間中心主義を避けるために何らかの慎重な擬人論が使われるという点である」(p92)
07-11 19:12

RT @lunar_shirayuki: 彼氏が買ったシャヴィロの本を私も読み始めたんだけど、色々と発見することがあったのでメモしとくね。
07-11 19:12

RT @ten_kato: その後、帰宅したら、九月くらいに出る『戦後的思考』の講談社文芸文庫のためのゲラが来ている。『敗戦後論』の続編。500頁超になる。どうかなと思って読み出したら、自分の文ながらやめられず。まったく古びていない(かも)。いまならもう少しまともに読んでもらえ…
07-11 13:41

RT @ten_kato: あと、メイヤスーの『有限性の後で』について書いた40枚超の感想を来月刊の『日の沈む国から』に載せています。関心のある人は読んでみて下さい。[無限性の後で](有限性の方へ)からの眺めです。
07-11 13:40

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next