† Twitter †

07/12のツイートまとめ

afterfinitude01

RT @dessinatrice001: 「潜在的なものは、真の生成のための、すなわちnouveauté(新しいもの)の予見不可能な創造のための存在論的な条件である」Q・メイヤスー「減算と縮約」
07-12 20:59

RT @dessinatrice001: 「私がvirtualité(潜在性)と呼ぶのは、可能的なものどもによってあらかじめ構築されたいかなる全体によっても支配されない生成の中で創発する、あらゆる事象集合の性質である」Q・メイヤスー「潜勢力と潜在性」
07-12 20:59

RT @tmaita77: 若者の読書の減少。青年の自我同一性確立にあたって,読書はとても大事なのだが。https://t.co/2o6qjtVWWB
07-12 20:39

思い起こせば、私がデリダで最も惹かれたのも『死を与える』や『火ここになき灰』、あるいはカプートとの対話篇などに通底する宗教的テーマ(神、贈与、原痕跡...)だったりするので、カトリックとしてのアイデンティティを省いても、これは私の一つの共通点なのかもしれない。
07-12 09:54

「亡霊のジレンマ」も非常に興味深かったが、ホワイトヘッドの神概念(我々と同じ自己原因的な活動的存在)との対比も素晴らしく面白い。SRはやはり大澤真幸が発言していたように、「神」について語り始めた途端に濃密な緊張感が漂い始める。それはSRの「風景」からすると必然かもしれない。
07-12 09:42

第四章「汎心論と消去主義」は、まだ抄訳でしか知られていないメイヤスー『神の不在』での「カント的退行」について、あるいはホワイトヘッドの「存在論的原理」が「事実論性」といかに相容れないものであるかに触れ始める箇所から、突如としてスリリングになる。この章は本当に一読の価値あり。
07-12 09:21

RT @sasakiatsushi: 過日、下北沢B&Bで行われた片岡義男さん江國香織さんとの鼎談、現代ビジネスに前後編アップされました。非常に刺激的な内容です。「小説」という奇妙なつくりものの秘密をサクサクと抉っています。https://t.co/LYI6c1CF4s
07-12 07:22

RT @sasakiatsushi: 「新潮」最新号に「小説家蓮實重彦、一、二、三、四、」という変な題名の長編論考が掲載されています。3万5千字の大作です。『陥没地帯』『オペラ・オペラシオネル』『伯爵夫人』を貫通する「原理」を仮構する試み、にして「ジャン = リュック・ゴダール…
07-12 07:17

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next