† Twitter †

08/01のツイートまとめ

afterfinitude01

アンドリュー・ワイエス《彼女の部屋》(ディテール)。ワイエスの画集は5冊持っているが、この単品1枚とそのデッサンのみで個展が開かれたこともあるだけに、最も神秘的な作品だと感じる。密かに描きこまれたハートマークに注目しよう。 https://t.co/N5JHjOQ73y
08-01 14:25

自分たちは単なる流行の追随者ではない、本当に哲学史を刷新したいのだという「気概」の欠損は、ブルデューのバルトについての言及と同じ意味で優れた精読者を「哲学ジャーナリスト」に変えてしまうわけだが、それもまた哲学界が出版業界の論理と一体化せざるを得ない構造的な産物だろう。
08-01 14:03

シャヴィロを読みながら感じているのはモノへの新しいアプローチの探究というより、シャヴィロの顔に類似したウィリアム・ギブスンのケイス的主体が「最新の熱い哲学」の海をあちこち航海して器用にマッピングし、自身も情報の海に流される自認の上であえて「コンテンツ」の一部と化した、というもの。
08-01 13:56

髪がパープルなシャヴィロはSRやOOOのスポークスマンだと思う。一つ一つの概念を深く掘り下げず軽く紹介して終わる。メイヤスーへの批判も一方的なところがあり、結局はハーマンを折衷しつつホワイトヘッド主義を貫く点で「読みの期待はいつまでも裏切られない」(換言すれば「冗長」である)。
08-01 13:48

人文書院のメイヤスー本は読み易く内容がクリアになる訳業だっただけに、河出書房のシャヴィロ本は校閲担当者の怠惰を感じざるを得ない。気付いただけでも「引用符鉤括弧閉じ忘れ」の連発、日本語として成立しない直訳調、「っっ」みたいな一回目の添削で察知すべき部分まであり。次版での改訳必須。
08-01 13:42

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next