† Twitter †

09/06のツイートまとめ

afterfinitude01

リピット水田堯 他2名『原子の光(影の光学)』 (芸術論叢書)「幻、X線、原爆、透明人間―映画作品や文学、そして哲学における「没視覚的なもの」を考察する、画期的な映像文化論」 https://t.co/xGbTmWaqmi
09-06 20:49

時々、リピット水田先生が私の写真ツイート(谷中の商店街とか東京駅)をお気に入りに入れて下さっていて嬉しい。『原子の光』はもう一度読みたい。
09-06 20:37

@lwrdhtw SNSで高評価のわりにこの辺りの問題への言及が見当たらなかったので、読んだ身としては一応素直に書いておくべきかなと。ちなみに、貴殿のハーマン関連のツイートは私も参考にさせていただいております。これからも応援しています。
09-06 20:25

RT @Roxane_Mesquida: Trying to get back to work but therealnounouche won't let me! 😈 #catsofinstagram #nomakeuphttps://t.co/JMUsz3dgn8
09-06 14:50

RT @thejohnjacobs: Roxane @Roxane_Mesquida https://t.co/WPZES2cOPv
09-06 14:49

RT @thejohnjacobs: RoxanePhoto by Oberto Gili @Roxane_Mesquida https://t.co/EhWi9fEiCc
09-06 14:48

RT @Burtonish_: can we just appreciate how pretty this is ?? #roxanemesquida https://t.co/GhyhbViopD
09-06 14:48

https://t.co/jzzPV1UX3U
09-06 07:30

https://t.co/Ir16pECPQV
09-06 07:26

https://t.co/rTq4iuw9mm
09-06 07:22



シャヴィロの本も読む価値はあったと思うけれど、あと十年してどのページが残るだろうと思うほど哲学ジャーナリズム臭がしたのも事実。文体もガブリエルやメイヤスーと比較すると決定的に「思考に身を委ねる」勇敢さが足りず、引用や敷衍が大半だった。むしろ評価の基準を再認識させてくれたのかも。
09-06 07:15

哲学の意義は、私にとって何か新しい概念なり観念を教えてくれるという大それたものではなく、むしろ「時間を忘れさせてくれる」素朴さにこそある気がする。スポーツと類比できるのもこのため。そしてよく読み込んで赤線&付箋塗れになった本ほど後々になって勲章めいたものとして感じられる。
09-06 07:09

『神話・狂気・哄笑』のガブリエルのテクストをもう少しで全て読み終わる。はっきり言って、私には『有限性の後で』、『食人の形而上学』と同じくらい面白い。結局、彼はメイヤスーの科学主義に近代の神話を見出しているのではないだろうか。どちらの立場も研ぎ澄まされていて拮抗している。
09-06 07:02

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next