† Twitter †

09/27のツイートまとめ

afterfinitude01

ジェイムズのバルザック講演によれば、その描写により作家の奔放さまで疑われた人物が、モンコルネ伯爵の私生児ヴァレリー・マルネフ。パリの貧民街ドワイエネ通りのアパルトマンで下級役人と極貧生活を送っていたが、ユロ男爵と遭遇。登場時から異… https://t.co/AFNP9VSvaQ
09-27 21:02

前者の場合、夫を畏敬するあまり放蕩にも目を瞑ってしまう従順な性向(貴族階級の妻なら往々にして批判する)、後者の場合は年下の亡命貴族に対する屈折した母性愛的な支配欲という形式で、それぞれパリの上流への「抑圧」が起きている。バルザックの描写は徹底して社会科学的だ。
09-27 20:36

アドリアーヌ・ユロと彼女の従妹ベットこと——リスベット・フィシェールの性向を考える上で重要なのは「分裂ハビトゥス」(『自己分析』)。ローレーヌの田舎の農民階級出身の女性がパリの上流階級に成り上がった場合、性向に必ず農民気質が痕跡化する。
09-27 20:28

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next