† Twitter †

10/04のツイートまとめ

afterfinitude01

2章での「大他者の欠如」分析を応用すると、ローデンバック『死都ブリュージュ』における亡き妻との関係はS(Ⱥ)であり、彼女に生き写しの女性はその「不在」を代理する対象aである。これはダンテにおけるベアトリーチェとの関係にも妥当するだろう。
10-04 23:43

立木康介『精神分析と現実界』1、2章読了。1章では、Aについて語るBが実はB自身のことを語ってしまうというラカンの「弁証法的反転」の概念がフロイトの臨床例の分析などを通じて展開される。換言すれば、精神分析を読むという行為は必然的に「自己分析」を伴う倫理的地平へと接続される。
10-04 23:39

『新潮45』では25歳の教祖を中心とするイスラム教系の宗教法人についての寄稿も。SNSを通じて都内の喫茶に協賛者が集まるなど、国内でもイスラム教系新興宗教の動向が注目されていた。一方でイスラム国への言及や同教団の婚活業など、事態を見守る中立的な内容だった。
10-04 20:37

『新潮45』宗教特集での島田裕巳氏の寄稿、2030年には西ヨーロッパでイスラム教人口が10%に達するなど、改めて国際的な宗教情勢の変化を再認識した。かつてのキリスト教覇権からイスラム教の時代への移り変わりを示唆。国内でも各宗派の宗教人口は高齢化、若者離れにより減少傾向にある。
10-04 20:24

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next