† Twitter †

10/31のツイートまとめ

afterfinitude01

私もこの外観には驚いたが、思い出したのは『建築のエロティシズム』で考察されていたアドルフ・ロースの邸宅群。建築史において外面と内面の「分裂」は往々にして見られるが、チェーン展開している店舗としては珍しいタイプ。やや露骨に卑俗な外面に対して、中は敷地千坪の平均的な大型書店。
10-31 06:04

RT @lunar_shirayuki: 北海道以外での初店舗となる書籍、CD&DVD、文房具、カフェの複合大型店舗「コーチャンフォー若葉台店」に行ってきたけど、凄い外観だった! https://t.co/0FADHf9iBT
10-31 04:53

これを回避するため、ブラシエのように絶滅という極北を形象化する消去主義的な方法もあるだろうが、逆にハーマンを意識してVRの内部でオブジェクト同士が互いにささめき合う、それらの視座を奪取して人間なるものを捉えてみるネオ物活論(『ダランベールの夢』の系譜として)もあり得るだろう。
10-31 04:32

VRでは仮想空間を生命感溢れる一つの世界だとみなせる(虚構的直観)わけであり、このテーマ自体は『ガリヴァー旅行記』にも見出せるはずだが、思弁的実在論以後の文脈において重要なのはむしろ、このフッサール的「直観」自体は「相関的循環」(メイヤスー)に陥るということだろう。
10-31 04:16

『SFマガジン』12月号はVR/AR特集。ポケモンGOでAR(拡張現実)の概念はすっかり定着しつつあるが、収録の柴田勝家氏の掌編「雲南省スー族〜」は、VRの彼方で一個の「宇宙」を集団で構築している架空の部族を描いた異色の民俗学SFとして興味深い。
10-31 04:05

サセックス州ライにあるヘンリー・ジェイムズ終生の家、Lamb House(子羊の家)。美しい長閑な庭園からは小鳥の囀りが聞こえてくるようだ。 https://t.co/WsLEBd9t5u
10-31 03:03

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next