† 著作 †

【御知らせ】メイヤスー論『事実論性の展開――思弁的実在論についての試論』、小説『人形』発売中です



鈴村智久からのお知らせです。
ほぼ一年間に渡って執筆していた作品二本がAmazonでKindleにて発売中です。
一本目の『事実論性の展開――思弁的実在論についての試論』は、カンタン・メイヤスーの『有限性の後で』、及びその他の諸論稿を軸にして思弁的実在論(SR)について考えた評論(400字詰原稿換算で200枚ほど)です。
メイヤスーを軸にして、ハーマン、ブラシエ、ヴィヴェイロス、近藤和敬、入不二基義…といった現代思想の論客についても考察しています。
本作は、私が書いた評論としてはイタリアの映画監督ルキノ・ヴィスコンティ論(『ヴィスコンティの美学』)に続いて二作目になります。
二本目の『人形』はSRをテーマにした小説(こちらは100枚ほど)になります。
これまで同様、カバーレイアウトは門倉ユカに依頼しています。
どちらも読んで絶対に損をさせない密度ある作品に仕上がったと自負していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

speculative-realists.jpg
(左からイアン・ハミルトン・グラント、グレアム・ハーマン、カンタン・メイヤスー、レイ・ブラシエ)


事実

『事実論性の展開――思弁的実在論についての試論』


 本書は思弁的実在論(Speculative realism)を代表する論客の一人であるカンタン・メイヤスーの『有限性の後で』、及び論稿「減算と縮約」、「潜勢力と潜在性」、「亡霊のジレンマ」、「思弁的実在論のラフスケッチ」などで提示される諸概念を考察したものである。メイヤスーの思想をより深く理解するために、オブジェクト指向存在論、新しい人類学、ドイツ観念論、超弦理論など、様々な視点から分析を試みる。本書の目的は『有限性の後で』第三章で展開される中心的概念である事実論性の原理(principe de factualité)の分析と、その応用である。(本書「序」より)




1. 「能動的生成」と「横断的シャーマニズム」――メイヤスーとVdCにおける「生成」をめぐって
2. ブラシエの「事後性」、あるいはユクスキュル、ドルーアンにおける「非人間的なもの」
3. 「物自体」に対するガブリエルとメイヤスーの差異
4. カヴァイエスの「数学的経験」と「事実論性の原理」
5. オブジェクト指向存在論における「亡霊」の問題
6. 理論物理学におけるメイヤスーの位置――「余剰次元」における時間/空間のコンパクト化
7. 楕円状か、箱状か――入不二基義における「排中律」とメイヤスーの「無矛盾律」について
8. バルザックはメイヤスーを読んでいたか?――『セラフィタ』における「天使」の地上的生成


あとがき



人形カバー

『人形』

【CONTENTS】

・Speculative Aesthetics(思弁的美学)への文学的アプローチ――『人形』のための序論
・『人形』(Ⅰ)
     (Ⅱ)
     (Ⅲ)
     (Ⅳ)
     (Ⅴ)


関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back