† Twitter †

12/01のツイートまとめ

afterfinitude01

ドゥルーズからすれば、アディッケスは悟性の「立法者」としての性質を忘却していることになる。つまり「理性の自然状態」では物自体を単なる理念から「実在」へと移行させることが可能だが、これは「理性の社会状態」を目指す「悟性」が検閲せねばならない。
12-01 07:46

ドゥルーズはカントがいかに独我論的観念論から遠く隔たっているかを強調。その真意は「経験的実在論」にこそある。この点ではアディッケスの実在論的な解釈と近いが、「物自体」についてははっきりと理性の超越論的使用による「内的錯覚」であると明言する。
12-01 07:35

ドゥルーズ『カントの批判哲学』の『純粋理性批判』論(一章)、序論読了。さすが哲学史を深く研究したドゥルーズだけあり、悟性・理性・想像力(三つの能動)と感性的直観(受動)という諸能力のネットワークを実にエレガントに描出する。このコンパクトな量でここまで鮮やかな解説は見事。
12-01 07:30

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next