† Twitter †

03/15のツイートまとめ

afterfinitude01

こう書くと誤解を招くかもしれないが、悪に染まり神を糾弾し敵対する者ほど、あるいは最早神など忘れ去ってしまった者ほど、神から誰よりも深く愛されているのだと思う。善人だけ愛される神は赦しの神でも「怒るに遅い」神でもない。教会の内だけでしか絆を作れない者も真のキリスト者ではない。
03-15 22:48

キリストを観想する際には様々なイメージを持つことがあると思うが、「幼子イエス」はその中で最も親近感を寄せられる姿だと思う。まだ歩けもせず乳離れもしていない幼子なので、人が求める前にまず「神が人を求める(追いかける)」。だから私たちは神を抱き締めてあげなければならない。
03-15 22:41

ある人が穴に石を落とすと、落ちる音がしなかった。70年後にその石が落ちる音を耳にして、ようやくその人は自分が地獄へ向けて落下していたこと(70歳で生が尽きること)を知った——ムハンマドが伝える伝承をホメイニーも引用しているのだが、これはとても深い挿話だと思う。
03-15 22:23

ベーメと並行してホメイニーの『大ジハード論』も読んでいるのだが、これがまた素晴らしい。ジハードでも彼が論じるのは「心の浄化」を意味する「大ジハード」の方で、これはさすがユダヤ-キリスト-イスラム一神教の繋がりだけあって色々と共感するものが多い。
03-15 22:17

この絵の中心にいる「翼の生えた哀しげな瞳」(ベーメ『キリストへの道』のカバー)の正式名称は何だろう?カバラや錬金術にも登場する図像なのだろうか。なにか自分自身の分身であるかのように引き寄せられるので、忘れないように円陣と合わせて描… https://t.co/rv1dXE9He3
03-15 14:01

ベーメを読んでいるうちに、なんだか凄いことになってきた。 https://t.co/7RJLC1xoHD
03-15 13:43

@y17351415121 私が昔好きだったボルヘスの詩「鳥類学的推論」ではスピノザに倣ってQ.E.Dでした。あの詩自体、理系に強いであろう腹芳味さんなら木っ端微塵に反証できると思われますが、海辺の鳩の数を数えながら神の存在証明をするところはなかなかのセンスだと。
03-15 13:12

@junichi_abe ありがとうございます。私もabeさんの執筆をこれからも応援しています。
03-15 00:05

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next