† Twitter †

04/23のツイートまとめ

afterfinitude01

@rinlaku 神を真・善・美の極致として捉えることは、プラトンの教えの中でも最も大切なものの一つだと思います。すいれんさんが述べるように、美的なものに神との類似性(homoiōsis)を見出し、同時に美に内在する自己解体的なも… https://t.co/SB3dU6nVyE
04-23 11:08

RT @rinlaku: 美という段階を通過しなければ倫理に辿り着くことはない。そしてこの二つを経ていなければ、宗教と呼ばれる領域に開かれていくこともない。あるとすればどこか歪さが残る。
04-23 11:02

RT @lunar_shirayuki: 千葉雅也さんが推薦されていた『アウトライナー実践入門』を読んでみたが、WorkFlowyはタスクを「考える」「組み替える」ツールとしては使い勝手が良さそう。でも文章を書くには、Evernoteの方が特化しているかな。
04-23 10:36

RT @lunar_shirayuki: クラーナハ展の《ヴィーナス》と《ディアナとアクタイオン》 https://t.co/VDeU5zWAuG
04-23 10:35

ヨーガの瞑想の達人になると、瞑想中に世界中のどこにでも行けるようだ。私が行きたい場所は深い森——動物たちが沢山いて、夕暮れ、皆が森の広場に集まり始めている。そこで彼らと共に、かつてアッシジの聖フランチェスコがしたように深い瞑想の中でいっしょに祈りたい。
04-23 01:37

アトス静寂主義の瞑想法は、実は誰にでも簡単にできる。自己流アレンジも認められているようだが、鼻でまずゆっくり吸う際に「主イエス・キリスト、神の子」と念じ、2倍の長息で吐く際に「我を憐れみたまえ」と念じる。唱えてカトリック式の射祷に近付けても良い。
04-23 01:30

アピチャッポンの『世紀の光』には、瞑想によって自室→建物の外→街の上空→宇宙というプロセスで上昇すると語られていた。今夜の瞑想では、私は私という身体(建物)の内にのみ留まっていた気がする。瞑想中の飛翔を深めていくために、ヨーガだけでなく東洋思想の「気」や「チャクラ」も学びたい。
04-23 01:21

【瞑想実践2日目】昨夜と同じくアトス静寂主義式「主の祈り」+「腹式丹田呼吸法」。今夜はほとんどイメージも生まれず、雑念が青白い光に縮約されていった。快も不快もなく、ただ呼吸のリズムのみに意識を集中できた。顎をやや上げて、かすかに微笑みを浮かべた方が心地よくなりやすい気がする。
04-23 01:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next