† Twitter †

07/20のツイートまとめ

afterfinitude01

おそらくあの夢の男の顔は、若い頃の家族の誰かなのでしょう。「見るな」というのは呪文でも結界でもなく、その落書きに彼女の無意識が働きかけられた、という作用こそがこの恐怖体験の核心にあるはず。
07-20 23:30

シュナイダー症例の場合、犬が前足を上げることが「啓示」を意味し得るので、あの落書きもラカン的には「桁外れの意味作用」(signification énorme)を持っていたと考えられる。夢を反復させているのは落書きではなく「不在の父」である。
07-20 23:25

ミレールの「エニグマのシニフィアン」(signifiant énigme)が成立するかもしれない。〈この落書きは何かを意味している。なぜだかわからないが、この落書きは私の過去に関係している〉。「見るな」という文字による禁止/侵犯にまつわる彼女の幼少時代のトラウマに関係が?
07-20 23:19

精神病の傾向を持つ場合、「中心のシニフィアン」が欠如(「父の名の排除/父性機能の不在」)しているため、その周囲のシニフィアンがバラバラになり、妄想的な形で父性を代理し続けねばならない。ほんのわずかなシグナルで「父の代替物形成」が出現する。
07-20 23:15

$◇a——対象(男)への主体(女子学生)の根源的幻想/ファンタスムの図式。◇は関係性。神経症者の場合、欲望は他者の欲望を主体化しているので、彼女本人の欲望ではない。
07-20 23:12

完全に心霊の存在を否定して考えると、やはりあの落書きを見て彼女が何かを「想像した」ことが夢の起源にある気がする。もしくは「見るな」という禁止をかつて父親か兄、あるいは祖父に与えられ、それが性的な次元で解釈されていたために、「降りて来い」という未知の男が禁止の表象と一体化した。
07-20 23:05

これは私の仮説なんだけど、この男は生きているんじゃないのか。実際に生きている男が廃墟で女子学生を誘っている、という誘拐未遂事件の不安が、この怪談を現実的な次元で再構成する手掛かりになる。彼女が夢を何度も見てしまうのも、そこで本当は男を見ていたからではないのか。。。
07-20 22:58

この男の姿が鶴田法男監督の「霊のうごめく家」にどこか重なる。実際に霊が現れたのは夢の中だけというのも、信憑性の高い話だと思う。だとすればなぜ同じ夢が反復されるのか。それはきっとあの「落書き」(掟)を破ったから。
07-20 22:52

私はこの怪談は、口承系では稲川淳二の「生き人形」、「電話の女」、「押入れの母」と並ぶくらい怖いと思うのだが、その理由はひとえにこの謎の男の存在。死に誘ってるのは間違いないけれど、手口が段階的でどこか薄気味悪い。顔についてよく思い出せないのも悪夢らしい不安を煽る。
07-20 22:49

5)住職がこの話を番組で話しても良いか彼女にコンタクトを取り、了承を受ける。この時点で、多くの他の人に話が伝わっても良いと彼女が同意したと考えられる。番組で話す前に住職はお祓いをした。
07-20 22:45



4)すると同じ男性がこちらを見上げながら怒った顔で「降りて来い!」と叫んでいる。その時、彼女は現実では大学の研究室にいて窓から飛び降りようとしている直前だった。友人が手を取ってなんとか助かる。後日、彼女は住職にこの体験談を告白。住職はおそらくお祓いをした。
07-20 22:42

3)覗くと、男性がこちらを見上げながら穏やかに「こっちに降りてきなよ」と声をかけてくる。そこで夢は途切れる。翌日も同じ廃墟の夢が反復され、彼女は同じように夢の中のベランダへ向かう。「絶対にのぞくな」という落書きを無視して同じように下を見下ろす。
07-20 22:39

2)廃墟の三階に「絶対にのぞくな」と書かれたベランダを発見。彼女はそれを覗いてビデオ撮影。何事もなく撮影終了。後日、彼女は同じ廃墟にいる夢を見る。三階に行くとやはり「絶対にのぞくな」というあの落書きのあるベランダが存在していた。
07-20 22:37

以下、三木住職の話の要点。(一部のTV番組で既に放送されたのでネタバレOKな人は参考にして下さい)1)大学の映画研究室にいる女子学生から、三木住職が自主制作のホラー映画の脚本を書いてくれるように依頼を受ける。彼女がまず舞台になる廃墟を訪れてビデオ撮影することに。
07-20 22:33

昨夜、深夜に起きて朦朧とした意識の中で三木住職のあの話が蘇った。。。たぶん、怖くてまだ頭の中でちゃんと整理できてない。だからしとこうと思う。
07-20 22:29

RT @lunar_shirayuki: 昨夏に撮った写真で涼む🎐 https://t.co/oGXJpDm213
07-20 08:58

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next