† Twitter †

09/09のツイートまとめ

afterfinitude01

ラクラウのヘゲモニー概念との関連でより今の日本にとって重要なのは、身近な脅威である北朝鮮のヘゲモニー政党制であり、その軍事的威嚇に対する日米韓の安全保障論の再構成だろう。北があれほど「ならず者」を演じられる背景には露中の水面下の後楯もある。
09-09 09:37

丸山の表現を借りれば、民主主義は永遠の「する論理」であって「である論理」ではない。規制秩序への監視とダイナミックな異議申し立てとして作動することにその理念が見出されるのであるから、この点をデリダ、ラクラウ、ラカンの諸概念を通じて再構成しても既視感に伴う冗長さは克服できない。
09-09 09:27

メイヤスーに代わってヘグルンドを必死に担ぎ上げようとしている主流デリダ派には申し訳ないが、彼の民主主義論における「充溢の欠如」(ラカン)の概念は、既に丸山や福田が冷戦構造の分析を通して素描していたものであり、民主主義論の系譜として特に斬新なものではない。
09-09 09:17

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next