FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



† Twitter †

09/19のツイートまとめ

afterfinitude01

収録作「聖職者」は19世紀後半のフランスの霊性について知りたい読者には貴重な資料になる。ビンゲンのヒルデガルトやマクデブルクのメヒティルトに類似した女性的な霊的エクスタシスの典型的表現(例えば「救いの乳房」)が見られる。これは12世紀の女性神秘家たちの文学性の再証明にもなる。
09-19 23:03

エドゥアール・デュジャルダンの場合、苦痛を甘美さとして受容する精神が散見される。読みながら25歳の青二才特有の生温いニヒリズムに冗漫さも感じたが、一方で苦悩に自ら向かおうとする精神にはキリスト教的な道徳律の残滓も垣間見た。その点は… https://t.co/n9e96mRHCV
09-19 22:54

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。