† Twitter †

10/09のツイートまとめ

afterfinitude01

生と死のはざまの状態である仏教的な中有の概念について、スウェデンボルグは『天界と地獄』において、やはり死後に霊魂がまず留まる場所ないし状態があると記している。中には、自分が死んだことを知らないまま現世に滞留するケースもあると報告している。
10-09 23:30

例えば現代スピリチュアリズムの文脈で重要視されるエックハルト・トールは、苦しみは個人を成長させる真の糧だと主張している。だがキェルケゴールは更に先鋭的であり、「絶望」こそがその人の自己自身に出会う至高の状態であると断言している。
10-09 23:20

私の祖母は、感情的になって理性を失いそうになれば「10秒だけ深呼吸を」、カルメル会のSシスターは「無言でその場を静かに立ち去る」と教えてくれたが、仕事などでは立ち去る隙もないことが実際には多い。そういう時に、キェルケゴールの助言は非常に役に立つだろう。
10-09 23:13

キェルケゴールが『あれかこれか』の倫理論で述べている感情をコントロールする最大の秘訣は、激情に駆られたその「瞬間」にだけそれを支配・統御し、感情の内容の個別具体性を一般化ないし抽象化するという操作にこそある。重要なのは、そのたった一瞬。
10-09 23:08

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next