† Twitter †

11/30のツイートまとめ

afterfinitude01

ロココ論は加筆推敲が進み、12月中か来年1月には出版する計画。全七章ほどの構成で、各章がそれぞれの角度でこの様式のディテールを徹底的に考察する。ロココを分析するとは、18世紀フランスの時代精神、死生観、性観念、ファッション、及びアンシャン・レジームの末期形態を解き明かすことでもある。 https://t.co/EVSPHdEVaB
11-30 23:42

RT @0anamnesis1: フォンテーヌブロー派(作者不詳) 《ガブリエル・デストレとその妹》 https://t.co/qAYjZwPH3G
11-30 23:20

ランニングをしている最中、落ち葉を踏むのが好きだ。お菓子のようなクシャッ、パリッという乾いた音が靴裏から響く。 https://t.co/nxCn37Kujf
11-30 23:20

久宝寺緑地にて。色彩に圧倒される。数時間は眺め続けられる光景だった。 https://t.co/YxZPwv9sVi
11-30 23:14

読みながら私が感じたのは、「あらゆる母は美しい」ということ。特に子を執拗に愛する母は。その子のためなら他人の子さえ殺すことのできる母は。いつまでも母子一体関係から脱却できず、子に近親相姦的な愛を寄せる母は。そんなすべての病める母を、私はこれを読んでいて心から美しいと感じた。
11-30 23:07

母がしげるを崖から突き落とす場面は数ページに渡って濃密に描かれているが、コマの枠からはみ出して余白にまで舞う「蝶」が母の「狂気の羽化」を予兆する一種のアトリビュートになっていると考えられる。
11-30 23:03

押見修造の『血の轍』1巻を読んでいて、小説や評論偏重気味の自分の読書傾向を戒める必要を感じた。彼の作品は『惡の華』から注目していたが、この作品では明らかに散文的な心理描写とも絵画的な表情の緊張表現とも異質な感情の襞を捉えることに成功している。https://t.co/vgoDWdk2z0
11-30 22:59

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next