FC2ブログ

† Twitter †

01/17のツイートまとめ

afterfinitude01

ロココという文化についてあまり関心がない、もしくはロココなど美と認め難いという有識者にこそ一度読んでいただきたい内容だと思う。私は本書でロココの優美を擁護しているわけではなく、それを生み出した無意識の主体が何に駆り立てられてあそこまで装飾性を重視したのかーーそこに関心があった。
01-17 12:41

私が美について考えてきたことは、『ヴィスコンティの美学』と今回の『死と優美』でほぼ書き尽くした感がある。
01-17 12:30

終章美論補論ラヴホテル論という目次構成になっている。仔細はAmazonの「内容紹介」に記載する予定。
01-17 12:17

原稿は『死と優美ーー十八世紀ロココ様式の美学的構造』というタイトルで近日中に購入可能な運びになるよう努力している。序論は美術史における様式概念の批判的再構成で、一章ロカイユ論二章文化の精神分析三章恋愛論四章庭園論五章ファッション論六章宮廷社会論七章オペラ論
01-17 12:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next