† Twitter †

02/14のツイートまとめ

afterfinitude01

入不ニ基義の議論は哲学上の仮説(問題提起)をまず概念に分節化し、その各項(1~3)を個別に分析し更に派生項(1-1~1-3)へと再分節化するようにして議論を論理的構文に沿って緻密に展開する。そこが決定的に私が彼に惹かれる理由であり、隠喩と概念の共犯によって思考にヴェールをかける余地はない。
02-14 22:24

熱中して読み耽った『あるようになり、なるようにある』も、アリストテレスのエネルゲイア論に接続することがようやく理解できた。入不ニ哲学においてエネルゲイアとは即デュナミスであるから、「八岐の園」的な可能的様相は「現にある今」へと縮約される。斜め上から迫るボルヘス論とも言えるだろう。
02-14 22:14

入不ニの本論以後、おそらく今後の論壇で潜在性を実在に包摂できない議論は全て過去のものになる予感さえする。特にSRとの関連で決定的に重要なのは「潜在性の深度」、「最深潜在性」の概念。「隠れたる神」も「来たるべき民主主義」も共に可能性や潜在性ではなく、実在論的な「現実性」に収斂する。
02-14 22:05

マルクス・ガブリエルの領野の複数性の議論(存在論的多元主義)も、入不ニがメガラ派的現実主義を見事に脱構築して打ち出した汎-現実主義=汎-潜在主義(pan-actualism=pan-potentialism)も、共にハーマンと同じく「実在」の概念に潜在的ないし虚構的なものを埋め込んでいると解釈できる。
02-14 21:56

入不ニ基義「現実性と潜在性」(『現代思想』2017.12)読了。最近読んだ諸論稿の中では最も刺激的で卓越した議論。メイヤスーの事実論性と入不ニ哲学がいかに強い親和性を持っているかは現代思想界隈でもよく言及されてきたが、本論は圧倒的な密度でメイヤスーが語り得なかった様相の問題に切り込む。
02-14 21:47

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next