FC2ブログ

† Twitter †

06/05のツイートまとめ

afterfinitude01

ヨーロッパの幽霊船伝承の範型として、バシュラールが死への水先案内人カロンを位置付ける議論も実に奥が深そうだ。少年時代に湖で九死に一生を得る体験をした私としては、「水」にまつわるイマージュの世界は独特な死と官能の香りで満ちている。(ドレとパティニールの《カロン》) https://t.co/z4IVGiB1IO
06-05 22:18

オフィーリア・コンプレックスは特に、水の中へと眠るように沈み込みながら死に召されることへの秘められた欲望として、ポー、バルザック、ラフォルグ、ガスケなどに取り憑いた特異な徴候。絵画ではレオポルド・バルト(1851)やポール・アルバート・スティック(1894)がこれに深く呼応している。 https://t.co/9ff8jzq2hV
06-05 22:03

ガストン・バシュラール「カロン・コンプレックス オフィーリア・コンプレックス」(『水と夢 物質的想像力試論』所収)読了。水という世界をメランコリー化する元素についての美しい論稿。オフィーリアの波打つ髪の毛が水流と連合し、いつしかイマージュが反転していく様を精緻に辿っていく。
06-05 21:52

RT @afterfinitude01: J.L.ナンシー『ミューズたち』読了。有限性を触知性として捉える視座が各章に通底しており、その核となるのが「中断」(遮蔽/切断ではない)の概念。物に素手で触れるとは、その物との間で知覚の「大規模な無関心」(メイヤスー)が生じることであり…
06-05 05:33

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next