FC2ブログ

† Twitter †

09/29のツイートまとめ

afterfinitude01

あなたを見れば疲れは癒える。 https://t.co/wrKqesO98J
09-29 19:37

今日はずっと雨なので、9時から17時まで論文を読んだり執筆していた。夕食の後も加筆。今日は400字詰原稿換算で25枚くらいかな。
09-29 19:23

フェラーリスを踏まえると、SRを含め新しい実在論がなぜ神話や神秘主義、あるいは場合によってはホラー映画を重視するかがよくわかる。それは詰まるところ、宗教的なものの新しい復興(実在論としてのキリスト教、仏教、心霊主義...)という通奏低音なのだ。
09-29 10:43

「今日の朝10:32に私がデスクで『現代思想』最新号を読んでいる」という事実──これが修正不可能な物自体であり、実在の具体的様相である。それは常に個の「今ここにある」が全実在の無時間的な「今ここにある」と一致しているということである。これが「内在する真の自己」に他ならない。
09-29 10:39

これは私自身がいずれ書くもののショートイントロダクションになるが、物自体とは究極的にアートマン=ブラフマンである。「今ここにある」とは端的に物自体の露出した事実性であり、表象にも認識にも依存しない。アートマンは意識や思考といった相関項ではない。
09-29 10:30

フェラーリスがマルガブやSRを意識しつつ独自の哲学を一から創造しようとしている試みには好感が持てる(永井均の魅力とは別の角度から)。ただ、社会的ないし政治的認識が構成される点を強調するだけでなく、思考の相関から脱出する方法を宗教学的なフィールドからも模索する必要がある。
09-29 10:24

マウリツィオ・フェラーリス「新しい実在論」読了。私が夏の海での体験以来考え続けてきた「今ここにある」ことと彼の積極的実在論は驚くほど親和性が高い。今ここに海がある──それは疑いえない事実として「修正不可能」である点が認識論を無媒介にして実在を擁立する立場で提起されている。
09-29 10:15

RT @Alcyone_viola: そしてひとつの死が訪れる、あなたの内部を重くみたす、錨のように沈降的な死が、快楽の手はますます強くあなたをつかんで地底の階段をおりていく‥‥‥男の、あの飛翔の形態をとる快楽、それにつづくふいの墜落も、いまはあなたの転落をとどめることができな…
09-29 07:35

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next