FC2ブログ

† Twitter †

10/07のツイートまとめ

afterfinitude01

この時、風が間もなく雨が降ると教えてくれたのですぐに自転車の方へ向かった。案の定、瞬く間に雲行きが怪しくなり、帰路の途中で小雨が降り始めた。でも本当はもう少しここで彼らの内的な声に耳を澄ましていたかった。 https://t.co/M1utacTHso
10-07 23:12

野原で本を読む私を見下ろしていた樹木とその周辺 https://t.co/3FBbVHktBM
10-07 22:57

土曜日は大きな公園の野原で緑に包まれながら読書していた。自然の中で読んだ本は妙に魂の底にまで浸透してくる気がする。紙のページもまた自然が素材だから、どこかで同調するのだろうか。 https://t.co/XsHlNCXZ17
10-07 22:55

都市景観が好きな門倉風に表現すると、この辺り(中之島〜福島界隈)は「洗練されている」、あるいは「整備されている」。 https://t.co/5s2luD7HiM
10-07 22:29

RT @0anamnesis1: プーシキン美術館展にもようやく。そっと琴線に寄り添うような風景画もあり、そういった作品との出逢いは鑑賞の醍醐味かなと思う。ターナーも敬愛していたというフェリックス・ジエム「ボスポラス海峡」ガス灯が幻想的なエドゥアール=レオン・コルテス「夜…
10-07 22:22

RT @0anamnesis1: 美術館近くにあったパン屋さんが人気らしくて既に品薄だったけど、タルトが美味しかった♪ https://t.co/74T6jf0gH3
10-07 22:22

地下二階の展示フロアで印象的なのはマルレーネ・デュマス(不気味なもの先鋭化)とニコラ・ド・スタール(セザンヌ的抽象化のひとつの極限形式)、そしてクリスト(草稿的、素描的なものの建築学的配置)だった。総体的にプーシキンのコレクションよりは画家の「血と寸鉄」(ニーチェ)を感じない。
10-07 18:52

画家は実在を描きはしない。絵画の特異性は、実在を内在化することで画家固有の規則を与えて賦活し、これを平面へと表象(再現前)することである。ただ一つの実体に対して画家それぞれの多数化した表現が存在する。これは出来事(一)に対する意味付与(多)とアナロジカルな関係にある。
10-07 18:41

ルソーの森は、彼が遠近法の学習を受けていないという点から理解することができる。彼は前景から後景へと葉や草を覆い重ねるように描いていく。森はひとつの襞状の衣裳であって、これは彼が都市を描く時に露呈する空間構成上の問題点をカムフラージュするための最良の形式になっている。
10-07 18:32

御ミサの後、プーシキン美術館展(国立国際美術館)へ。フランス風景画を通史的に振り返ると、やはりセザンヌに傑出した美意識と革新性を感じる。実在の持つ量塊、色彩を彼独自の幾何学的抽象化によって掴み取ること──それはひとつの内在平面をその裸形において提示することである。 https://t.co/Oha6LImOVx
10-07 18:27



今日がけがれなき聖母の騎士会への正式な入会日だったので、聖母の微笑を通して神が私にそのことを祝福して下さったのだと思う。ミサ聖祭では往々にしてこういう神秘的なことが起きる。
10-07 18:01

御ミサの最中、実は不思議なことが起きた。聖歌「神はわたしの内にある」を皆さんと歌っている時だったと思うのだが、はっきりと御絵の中の聖母様が微笑んでくださった。そして私たちは神に愛されているという濃密な確信を洗礼の日と同じく強く抱いた。 https://t.co/sYNb3FO0GG
10-07 17:53

教会の近くに彫刻のコレクションがある工房のような建物があった。 https://t.co/DTbJRtKpfw
10-07 15:06

大阪カテドラル聖マリア大聖堂は細川ガラシャゆかりの地。 https://t.co/H33jENsiKF
10-07 13:11

教会を出てから腕時計を確認して驚いた。一時間ほどしか経過していない。あたかも永遠の相のもとで豊かな木漏れ日を浴びていたかのような幸福に包まれた。 https://t.co/2O2p9V6kAq
10-07 12:39

素晴らしい御ミサだった。ポルトガルから赴任した新しい神父様のもと、マルコ(10:2)における「出会う」とは何かについての貴重な御話。洗礼名がマリアの少女への厳かな幼児洗礼も行われた。典礼聖歌もこの大聖堂ではよく響きわたり、歌っている最中に何度も涙腺が潤んだ。 https://t.co/JZZjE1fRh1
10-07 12:30

ロザリオの聖母の祝日である今日は、これから大阪カテドラル聖マリア大聖堂で御ミサに与る。早朝に起きて先ほどまでずっと祈りを捧げていた。まだ少し時間があるので、エックハルトを読みながら魂を平穏な凪に近づけようと思う。 https://t.co/U1bZ4AXBQw
10-07 06:46

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next