FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



† Twitter †

01/28のツイートまとめ

afterfinitude01

ギュスターヴ・モローの《モーセ》(1893)に至ると、ブーバーも指摘していた、エジプト側から見たモーセの「不気味さ」(ヤハウェのいわゆる「魔神的性質」の反映)を湛えていて興味深い。「敵」として見るなら、モーセという男はいわゆる「占い師(魔術師)」よりも得体の知れない存在。 https://t.co/0qwcUweaaV
01-28 23:35

エクス・アン・プロヴァンスの聖救世主大聖堂にあるニコラス・フロマンによるトリプティク《燃える柴》(1476)。モーセ、羊、天使(使者)まではお馴染みだが、燃える柴の上にいるのは聖母マリア。この伝承の出典は前掲論文に記載されていたが、以前訪れた南仏のエクスに実際にあるようだ。 https://t.co/KSTqpac5lD
01-28 23:23

初期フランドル派のディルク・ボウツによる《モーセと燃える柴》(1465-70)。直前の場面(草履を脱ぐ)を右側に描き込んで観者の視線を導く手法はボッティチェリと同様。 https://t.co/6pEWRtoJ3F
01-28 23:09

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。