FC2ブログ

† Twitter †

02/09のツイートまとめ

afterfinitude01

従来の「友情・努力・勝利」型の漫画は共同体神話を前提していたが、昨今のジャンプ世代はもはや「努力しても報われない」ことを知っているし、そもそも「仲間」に期待するほど夢見がちでもない。むしろ堅実的かつ保守的に世界に順応しつつシビアに生き延びること──そこに少年漫画の「今」がある。
02-09 12:12

昨今の人気漫画では『約束のネバーランド』や『進撃の巨人』のように内部から外部の構造を段階的に開示するプロットが前景化されており、この原理は組織内の上昇を描く『幼女戦記』や試験制度によって世界が拡張する冨樫の世界観にも通底する。内在志向型の物語が目立つ。
02-09 12:05

86年生の私と『週刊少年ジャンプ』との関わりで思い起こすのは、小学校時代にはアニメ版『忍空』に夢中になり、やがて冨樫義博を読み始め、高校時代には『月刊アフタヌーン』にシフトしていく流れ。『HUNTER×HUNTER』のNGL編を高校時代にリアルタイムで読んだのは鮮烈な体験だった。
02-09 11:56

執筆の息抜きに倉本さおり「〈俺たちの〉ジャンプ再考」(『すばる』2019.03)読了。高度経済成長期といわゆる「ジャンプ黄金期」の連動から、『ドラゴンボール』以後の「暗黒期」における模索と主人公の「中性化」といった流れを、平成史との関係から女性読者の視点で論じる興味深い論稿。
02-09 11:47

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next