FC2ブログ

† Twitter †

03/16のツイートまとめ

afterfinitude01

オリーブって、聖書的には平和の象徴だったり、実がなるとオリーブオイルを作れたりするのでいいなと思う。リビングとか寝室に置ける観葉植物で、キリスト教的な意味のある種類って他に何があっただろう?
03-16 22:45

帰りに立ち寄った緑橋の近くの観葉植物ショップでは、優しいお姉さんが色々な種類を丁寧に説明して下さった(どの木に精霊が宿るとかも)。沢山の観葉植物に囲まれながらのんびり仕事するのって素敵だな。販売スペースに隣接して事務所もあって、門倉は間違ってそこへ侵入しようとしていたのだった。
03-16 22:36

ネットには「オリーブは室内でも育成可能です」みたいに書いているサイト(たいてい通販サイトに誘導される)が大半なので、ネットの情報だけを信じて買いに行ってたら失敗するところだった。やっぱり実際に育ててきた方々の意見を直接聞かないとダメなんだな。
03-16 22:26

今日の大阪城公園は植木市を開催していて、それぞれの販売主の方に「室内でも育てられるオリーブって置いていたりしますか?」みたいに尋ね回ったりしていた。結果的にほぼ全員が異口同音に口にしていたのは、「オリーブは完全に外で育てるものでインドアは不可能」ということだった。
03-16 22:23

https://t.co/s702uHvSeM
03-16 16:37

https://t.co/Lq0Lja6r3w
03-16 16:36

虹だ! https://t.co/3VXEWnAWv0
03-16 16:36

大阪城までサイクリング♪ https://t.co/SymBER8wuM
03-16 16:35

イエスの活動に対してヘロデが、墓からヨハネが蘇ったと言ったのは、イエスとヨハネの連続性だけでなく、実際に埋めた首が消失していたことに理由があるのかもしれない。そしてヨハネの遺体を焼かなかったのは、死後も彼の力(弟子たちと反体制派の民衆)を警戒していたためだろう。
03-16 11:26

そうなると、世界六ケ所に点在するヨハネの聖遺物のうち、少なくともどれかは実物である可能性も出てくる。
03-16 11:19



ソゾポルで発見されたヨハネの指の骨も中近東で同じ年齢幅だった。ブルガリアとフランス協同で同一人物の骨か再調査できないかな(できれば無神論者の医療チームに依頼して中立性を維持しつつ)。
03-16 11:08

出典によれば、へロディアはヨハネの弟子たちに遺体が渡ることを懸念して、首と胴体を別々に埋めたという。しかしヘロデ王の世話人の妻は首が埋められた場所を知っており、掘り起こして弟子たちとヘロデ領にあるオリーブ山にそれを改めて埋葬した。つまり弟子たちは所在を認知していた可能性がある。 https://t.co/6vf0r9tVUR
03-16 11:04

アミアンの大聖堂のヨハネの首に関する非常に面白い記事。頭部は452年2月18日に発見され、その一週間後にエメサのウラニウス司教が聖遺物崇拝を開始したという。近年に骨の検査を依頼した結果、イエス時代にも重なる25〜40歳くらいの中近東の男性という結果が得られたという。https://t.co/fA5jIU5hgQ
03-16 10:54

今朝は久々に長編小説を4000字弱加筆。
03-16 10:34

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next