† 美術/アート †

フリードリヒ礼讃

Self-Portrait-1810.gif

「全て偉大なる者は、嵐のさ中に立つ」
                            by マルティン・ハイデッガー

芸術の根源は、深い内省でしか得られない。
フリードリヒの目は、常軌を逸している。
彼の目は戦慄すべき鋭さを宿しており、世界を切断し得るほどだ。
この目はそれ自体が天才的だ。

この目はいくら褒めても褒めすぎることなどないだろう。

Self-Portrait-18  10

この右目は、狂的で怪物的ではないか。
怪物特有の孤独を宿しているのではないか。
この目は獣、動物、破壊する畜生のようだ。
要するに、これを自画像として描く者の魂は、「嵐」だ。

Self-Portrait-1800.gif

ああ、このやさしい目は何だ?
この平穏でまぬけな目は何だ?
こんななよなよした青年の目を見たいわけではないのだ。
私が愕くのは、この青年が成長すると、あの怪物になるということだ。
どのように深く内省してああなったのか?
まことに、孤独と苦悩のみが芸術家の名を後世に残さしめるのである。
関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next