† ファッション †

金曜日までがんばろう

マル1


マル2


マル3



↑の三つが、マルジェラの春夏コレクションです。
たぶん今週の金曜の休日にメンズへ行くのですが、前のシーズンで買った黒ジャケと重なるような方向は考えていません。
つまり、ディオールでも、前の黒ジャケと似た感じの黒ジャケは買わない予定です。
少しデザインが違う、というよりは、今の私はむしろ色で変えたいんでしょうね。

「白」か「灰色」のジャケが良いと思っています。
で、マルジェラのこの白さが一番綺麗で、やっぱりディオール×グッチときたら、マルジェラも同じレベルとして重要だと思うんです。
小物はグッチやボッテガで買いたいんですが、それ以外の衣服は基本ディオールとマルジェラが良いかもしれません。
マルジェラの価格設定は、基本的にディオールと似ています。
要するに世界的な高級ブランドなんですが、パネル写真を見ていて、一番“しっくり惹かれる”(この感覚が大切だと思う)が春夏のマルジェラかもしれません。


ジバ1

ジバ 2


あまり意識してなかったんですが、雑誌でよく取り上げられているので、ジバンシィも。
ヒュージも表紙だったんですね(この最初の方のシャツ)。
メンズの二階にジバンシィが小さいながら入っていたので、シャツだけ買えるかもしれません(売り切れの可能性大ですが)。
今回の休日のショッピングでは、一人でゆっくり見るつもりなんで、何の時間的拘束もありません。
ちょっと覗くくらいでも、店員が激しく声をかけてくるのは苦手ですが。



ディ



で、ラストはディオールです。
シースルーのも含めて、実際、パネルだけではわかりません。
ディオールの店内で実際に目で見るのが良いのでしょう。
ただ、このクリーム色だったら、私はマルジェラの白の方が良いような気がする。


ディ2


ディ 3


どれが一番、街中を歩いて「卓越化」して見えるか、という観点だったら、やっぱりディオールが良いのかもしれません。
思うに、秋冬のジャケはわりと重くて、春夏のジャケは軽い、でも、よく考えたらジャケが季節ごとに二つは必要ということですよね。
コートは冬だけなんで、まあ良いとして、春夏で一着必要なんでしょうね。
その場合、この作品は良いと思います。


あと必要なものは、「腕時計(先延ばしになる予定)」「白いシャツ(ディオール/マルジェラあたり)」「ベルト(ドルガバ/ディオールあたり)」「春夏のできれば白・灰系のジャケ(マルジェラあたり)」って感じです。
あっ、ボッテガで「長財布」は買うつもりです、これは大切なアイテムなんで。
ボッテガの技法に、イントレチャートという伝統工芸があって、この編み込みはボッテガ以外のブランドでは困難なほど凄いそうです。
つまり、財布買うならボッテガが最高だと今は思うわけです。



たまには一人でショッピングそれ自体を愉しむというのも良いと思います。
ただ、メンズは雰囲気的に「愉しむ」ことが難しい世界でもあるので、使命感の方が強いのかもしれませんが。


関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next