† 文学 †

フランツ・カフカの『審判』の断片、あるいは、危険な魔女としてのFaith Nelson

1fyuyt    6



今から説教が始まるというのだろうか?
人の誰もいない教会でか?  (p308)






本当に説教が始まるのだろうか? (p308)






今この聖堂を満たしているのはなんという静けさであろう!
しかし自分はその静寂を乱さなければならないのだ。

ここにとどまる気がないからだ。(p309)



ステンドグラスをはめこんだ大きな窓からは、暗い壁にさしこむ一筋の微光さえもなかった。 (p314)




0       1






「疑いもなく、この裁判のありとあらゆる言動の背後には、したがって私の場合でいえば逮捕と今日の審理との背後には、大きな組織があるのです…。」(p70)





「あることがらの正しい把握と、その同じことがらの誤った理解とは、相互に完全には排斥しあうものではない」
(p321)





一方の箇所では、男に対して今入ることは許せない、としてあり、
もう一方の箇所では、この入り口はおまえだけに定められたものだ、となっています。(p320)





efwsew.gif




関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next