† 神秘主義 †

聖書における数字の謎ーー基本となるのは「4」と「3」


私は以前から、聖書の「数字」には何か隠された意味があると予感してきた。
私がここで書いておきたいのは、聖書特有の固有名詞を抹消可能か、ということである。

4+3=7・・・創世日数

4×3=12・・・使徒数




3は聖三位一体の象徴的な数である。
4はユーフラテス川のほとりに縛られていた天使の数である。
4について、これを100倍した400は全世界を意味すると聖書的には解釈されている。
何故4人の天使かといえば、ユーフラテスの川には支流として4河川、すなわち、ピション、ギホン、ヒデケル、ペラトが流れていたからである。

ハイデッガーには「四方域」という存在論的な枠組みがあるが、これには四つのユニットが存在する。
世界とは、数字として表現すると、3よりも、4にむしろ近い。

「4」と「3」、アポカリプスにおいて重要なのはこの数字の「和」と「積」である。
3には神聖な意味がある。
ノアの息子はセム、ハム、ヤペトであり彼らから世界が再創造されたが、やはり「3」。
ちなみに、「3」を二倍して世界の基数「4」とかけると「24」になるが、これは天上のエルサレムに存在するとされる「長老数」である。
この長老数はいうまでもなく、使徒数「12」の二倍である。
12はイスラエルの族長数であり、新しいエルサレムの門の総数であり、エデンに植えられていた命の木が一年間で実らせる「木の実」の回数に他ならない。


「12」には神聖な意味がある。
12の二乗に1000をかけると144000になるが、この数は「最後の審判」で救出するとされている信徒数である。
聖書に登場する全ての数字にはある共通の原則が成立する。
例えば、ノアの洪水は「150日間」続いたが、これは詩篇の総数である。

パトモスのヨハネの手紙の宛先は、エフェソ、スミュルナ、ペルガモン、テュアティラ、サルディス、フィラデルフィア、ラオデキアの教会であるが、これは「7」である。
7は神の側近の天使数である。
同時に、7はアポカリプスに登場する巻物にかけられた封印の数である。


「2」はあらゆるダブルを担う。
アダムとイヴ、カインとアベル、父と子の二格、2は「3」を前提にしている。


聖三位一体数「3」を、以下のように表記せよ。
「3・3・3」。
これをそれぞれ二倍せよ。
「6・6・6」。
これは神聖な数字どころか、QSRNRWN(ネロ)を意味するとされる。

例えば、アダムとイヴを「2」と表記し、聖三位一体を「3」、サタンを「666」と表記して、あるテクストを作成するーー。
それが聖書を来歴に持つということをクリプト化させるのである。

ノアの洪水期間「150」を、現代を生きる我々の生としてみる。
人間の一生を「75」年とすれば、今、我々が一体詩篇のどの章を熟読すべきかが一目瞭然となる。
私の場合は、上記の比で計算すると、23(年齢)×2=詩篇46章、である。

30歳になれば、60章を、15歳の学生には30章を、すなわち二倍した章を「その年に象徴的に生起する出来事」として把捉する。





関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(2)



~ Comment ~

聖書に数学的なアプローチを与えるという発想は素晴らしいですね。ぼくは数学が好きなので、この手の話には興味があります。
[2010/05/02 23:57]  hakaishi  URL  [ 編集 ]

No title

コメントありがとうございます。

前からこの記事を書くために用意していた紙片を長い間なくしていましたが、部屋の掃除をしていて発見いたしました。私にとっても非常に重要なアプローチの方法です。

[2010/05/03 04:33]  鈴村智一郎  URL  [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next