† 文学 †

トマス・ピンチョン 『メイスン&ディクスン』

トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(上) (Thomas Pynchon Complete Collection)トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(上) (Thomas Pynchon Complete Collection)
(2010/06/30)
トマス・ピンチョン

商品詳細を見る



トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(下) (Thomas Pynchon Complete Collection)トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(下) (Thomas Pynchon Complete Collection)
(2010/06/30)
トマス・ピンチョン

商品詳細を見る



大型書店の海外翻訳小説のコーナーにきっと並んでいると思います。
トマス・ピンチョンの『M&D』です。
まず、装丁が童話的で、私好みで思わず手にとってパラパラ読んでいました。
本は買わないので、図書館で入ればいいなーと思っていたら、なんと二冊とも既に入っていたのでした。
早速借りて、今日は上巻を読んでいました。

キリスト教に関する宗教的なテクストも散りばめられています。
「キリストに出会う」ためには、「静かに座る」という仏教的瞑想が対話の中で語られるシーンがありますが、印象的で「なるほどな」と思いました。
まだまだ奥が深くて、謎に包まれた物語です。

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next