06/04のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

一番作ってみたかったのは、本当は洗礼者聖ヨハネ(私の洗礼名)の人形だったが、人間のかたちはとても難しく、片足と十字架以外は失敗してしまった。でも真っ白な粘土から何かオブジェクトを作り出す作業は本当に楽しいということを知った。またチャレンジしてみよう。 https://t.co/cIQROmSYF4
06-04 23:35

『ミューズたち』に感化されたのか、私も何か「触りながら作ろう」と思い立ち、僭越ながら樹脂粘土で色々と作ってみることにした。葉脈をヘラの先端で刻んでいる瞬間、自分がどうして草花に惹かれるのか少しだけわかった気がする。 https://t.co/8T35GSXmim
06-04 23:26

ナンシーの触覚の概念は端的に物自体についてのOOOの議論とも密接に関係しているので興味深い。彼は「場合によってはある事物が内在性あるいは内奥性のような何かを持つ」(p42)ことを認めつつ、オブジェクト同士の関係を共同性や共感ではなく中断/離散モデルで捉えている。
06-04 23:16

『ミューズたち』を読みながら考えていたのは、石井洋二郎の論稿「唇・皺・傷――マルドロールの〈身体なき器官〉」(『身体のフランス文学』)で展開されるgriffer(ひっかく)とgriffoner(殴り書きする)の語義的類縁性の問題。エクリチュールの本質とはまさに「ひっかく」という触知性にこそある。
06-04 23:03

ナンシーの現代芸術への評価は『キリスト教の脱構築』や『アドラシオン』で展開されたポスト・アジョルナメントの議論に類似したリリシズムを漂わせていて、読みながらボルタンスキーやキーファーを連想していた。それはvestigiumの用例を聖トマスから引くようなセンスにも垣間見える。
06-04 22:56

ミューズたち(芸術)の膚に指先を伸ばしてもけして触れ得ないのは、芸術そのものが事物の模造ないし「残骸」(vestigium)であるからだとする議論(五章)は、デリダ『火ここになき灰』の新たな読み方として非常に斬新だった。ミューズたちは「火のない煙」としてのみ構成されるということ。
06-04 22:44

「帯域の離散がないのなら、世界もないだろう」(p42)はこの文脈で理解できる。二章のヘーゲル批判に繋げれば、ミューズたちとはこの離接的綜合の力(中断を経た新たな触知性の獲得)を指す。ナンシーはそれをあくまで視知覚性優位の絵画ではなく、作品化すらされていない「触れる」ことに見出す。
06-04 22:36

フロイトの性感帯論を美学的に応用して審美主義批判を構成する議論も非常に重要。例えばデカダンを至高の審美的価値にすることは、一つの性感帯の内に遮蔽されることを意味する。これを回避するためには性感帯を拡張すること──つまりある美的審級をいったん中断して異質性へと横断する必要がある。
06-04 22:28

RT @dessinatrice001: 「ベルクソンの純粋知覚理論とはいわば、減算的な知覚の理論である。その賭け金は、知覚の内にあるものは物質の内にあるものよりも少ないということ、représentation(表象)がprésentation(現存)よりも少ないことを立証する…
06-04 22:20

J.L.ナンシー『ミューズたち』読了。有限性を触知性として捉える視座が各章に通底しており、その核となるのが「中断」(遮蔽/切断ではない)の概念。物に素手で触れるとは、その物との間で知覚の「大規模な無関心」(メイヤスー)が生じることであり、これがナンシーの「触覚の間隔」に相当する。
06-04 22:19


05/28のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

RT @dessinatrice001: 【お知らせ】鈴村智久『イザベル・アジャーニ、またはその他の恋愛映画』を発売しました。ヨーロッパを中心に78本の恋愛映画をセレクトした映画評論集です。どうぞよろしくお願いします。https://t.co/b4613TegrP http…
05-28 20:48

RT @Situations01: 【お知らせ】『ヴィスコンティの美学』増補版を発売しました。新たに加筆されたのは以下になります。・十章 ヴィスコンティ家のほうへ――シナリオ『失われた時を求めて』について・終章――悲劇的崇高詳細はAmazonの内容紹介をご覧ください。…
05-28 20:48


05/26のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

RT @afterfinitude01: 篠原雅武『人新世の哲学──思弁的実在論以後の「人間の条件」』読了。本書は総体的に都市/場所論として構成されているが、あえてアレントが「人間の条件」から捨象した「世界ならざるもの」(non-world)を公的世界の方へと相互浸透させる政治…
05-26 23:32

RT @afterfinitude01: 篠原雅武のティモシー・モートン論『複雑性のエコロジー』落掌。『自然なきエコロジー』などで世界的注目を集めるモートンの著作を精緻に分析した論集。「SR以後」の環境哲学を考える上での必読書。「序章」にはメイヤスーやハーマンについての言及も…
05-26 23:29

『人新世の哲学』でさらに興味深かったのは藤田省三『精神史的考察』を念頭に高度経済成長期における「主体の喪失」を「人新世」の議論に繋げた五章。都市の工業化を論じる資料として酒井隆史『通天閣』とモートンの思想に親和的な小野十三郎の『大阪』が言及される。大阪生まれとして無視できない。
05-26 23:18

要するにリドリー・スコットは『エイリアン』シリーズで未来ではなく(前)近代を描いていると考えるべきであり、モートンのエコロジカルな領域はむしろ「人間の世界を包摂する自然」をカタストロフィックに描いたタルコフスキー(ストーカー)やJ・G・バラード(沈んだ世界)に近接するということ。
05-26 22:57

「終章」でパラフレーズされるクライブ・ハミルトンの三つのシナリオのうちの一つ、「ペルセポネ・プロジェクト」(宇宙船内でのコロニーの建設)は後者のタイプの選択であり、篠原も的確に「近代」の延長、あるいは退行として解釈している。この言及はさりげないが、なかなか斬新な主張だと思う。
05-26 22:48

この方向でノマド的な「拡張における連関」(ドゥルーズ)を肯定して、非人間的なものとの異種混淆的共存へシフトする回路がある一方、あくまで事物本来の固有性へと「退隠」(ハーマン)して政治的主体を孤絶した人間存在へと有限化させる回路が存在する。
05-26 22:40

まず現段階では「人間ならざるもの」(nonhuman)に含まれる動物と無機物(AI)における「参政権」の譲渡は可能かという、来たるべき民主主義が直面するであろうアポリアを先取る議論として、本書で展開されるモートンのオブジェクト指向的な「共存」の問題を政治的に拡張する方向がひとつ。
05-26 22:34

篠原雅武『人新世の哲学──思弁的実在論以後の「人間の条件」』読了。本書は総体的に都市/場所論として構成されているが、あえてアレントが「人間の条件」から捨象した「世界ならざるもの」(non-world)を公的世界の方へと相互浸透させる政治論として捉えた場合、かなり興味深い問題系に繋がる。
05-26 22:27


05/21のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

ギッリによれば、ダゲールの《静物》には彼が錬金術に多大な関心を寄せていたことを示唆する謎めいた物品が配置されているという。実際、彼は銅板に薬剤を塗って感光させるまで何度も化学的実験を繰り返していた。ダゲールのこの謎めいた側面はようやく近年になって研究が活発化してきたようだ。 https://t.co/UNRHyoJDQR
05-21 23:27

ルイジ・ギッリ《バスティア》は特に惹かれた一枚。ギッリがコルシカ島を訪れた時に見つけた船のポスターと背景の壁から構成されている。誰もがカメラを向けていたはずの海の風景をあえて選ばず、砂色の壁を砂漠に見立てる隠喩的な視座。 https://t.co/bz0t7jssFt
05-21 23:15

ギッリの写真は、鏡、窓、すりガラス、ショーウィンドウ、ドア、門、鉄柵、穴、水中といった「敷居」(閾あるいは境界)を媒介にして撮影されたものが多い。人物はほぼ存在せず、旅行先でも破れたポスターなどの損傷を受けて断片化した物から、当地の物語を呼び醒ますように工夫されている。 https://t.co/tdv5Utx5W6
05-21 23:08

ルイジ・ギッリ『写真講義』読了。カナレットやフェルメールが愛用したカメラ・オブスクーラの技術的進化が、後のニエプスのエリオグラフィやダゲレオタイプへと結実する写真黎明期への丁寧なアプローチは非常に参考になる。著者自身の撮影技法や写真への根源的省察をも含めたオールカラーの講義録。
05-21 22:54


05/20のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

一方で、旧友を想起するためのより真摯な方法があったのではないかとも私は感じる。正面からその人の墓前に立つこと。たまたま思い出すのではなく、意志的に想起するということ。保坂が影響を受けたはずのドゥルーズ受容が全盛であったパラダイムの残滓として、こうした脱線のエクリチュールを捉える。
05-20 10:46

むしろ谷崎潤一郎全集の月報について書いているうちに意識が自然に旧友の記憶へと運ばれた──つまり時系列に沿って意識的な想起の作業をしてはいない。「尾崎について思い出す」という明確な企図ではなく、かつてローレンス・スターンが採ったような偶然的な脱線/迂回の堆積として構成される。
05-20 10:30

「こことよそ」選評で村田喜代子が「謀られた混沌」と形容しているが、的を射た表現だと思う。一方で荒川洋治は率直に「読みづらい」とも。新しい私小説の方法に関心を持つ読者の一人として言えば、この作品は少なくとも「尾崎」という亡き友との記憶に全面的に捧げられたものではないだろう。
05-20 10:21

保坂和志「こことよそ」(『新潮』2018.06)読了。川端康成文学賞受賞作。久々に著者を読んだが、小島信夫『菅野満子の手紙』を初めて読んだ時にも感じた文学の立体性のようなものを考える。形式は文学的エッセイに近いが、そこにプルースト的な無意志的記憶とも異質な個人史の断片が折り畳まれる。
05-20 10:14

『イエスという経験』七章において大貫もこの「素っ裸で逃走した一人の若者」(マルコ14:51~52)に言及するが、彼が福音書記者マルコであったとは述べていない。だとすれば、私が聞いた神父の話の典拠はどこにあるのだろうか。注解書をもう一度読み直す必要があるかもしれない。
05-20 00:07


««

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク