05/24のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

RT @Situations01: 「マーラーとヴィスコンティは個性が極めて似通っており、二人の出会いは必然的でした。…創造の分野では、認識を越えたところにデカダンティズムの傾向がある点で類似していました。これは彼らが今世紀、人間と文化の崩壊という全体のビジョンの中を生きていた…
05-24 17:57

RT @Situations01: 「ムージルの『寄宿生テルレスの混乱』を映画化したいのは、これがナチズムの性格の原点となっている残酷性とサディズムを胚胎していて、ヨーロッパで起こったことの前兆となる雰囲気と行動様式を語っているからだ」ルキノ・ヴィスコンティ(1965年)
05-24 17:57


05/23のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

4年くらい前に書いたシスター宛の手紙がいくつか見つかった。字下手すぎだけど全力で書いたんだっけ。京都のカルメル会におられるはずだから、ちょっと近くなったのかな。 https://t.co/954KPAArYX
05-23 09:15


05/22のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

府立図書館の屋上庭園の階上。最近この場所の存在を知る。 https://t.co/bk9hMtsvN8
05-22 10:08

最近観た中ではデニーロの『ミッション』は『沈黙』との繋がりの面で印象的だった。VdCの『インディオの気まぐれな魂』との比較という点でも。
05-22 09:45

昨夜は『熊座』を久々に二人で観た。素晴らしい時間だった。映画の内容もそうだが、真剣に観ている彼女を隣でくすぐったり、つついたり、頬にキスをしたりして遊んでいた。新しい発見もあったので、小論を書き足してもいいかもしれない。
05-22 09:36

RT @Situations01: 「私の多くの映画では悲劇的な正餐が描かれる。人生は蜜蜂の巣のようなものだ。それぞれが自分の小さな部屋で生活して仕事をする。それから女王蜂のいる中心部に集まってくる。すると、突然ドラマが生じるのだ」ルキノ・ヴィスコンティ(『Il Mondo』誌…
05-22 01:01

RT @Situations01: 「『熊座の淡き星影』での私の真の関心は、サンドラの意識――彼女の道義的なもどかしさや解き明かさねばならないものへの負担に向けられている。これらはウントーニ、リヴィア、ロッコ、サリーナ公爵を動かしたのと同じ動機である」ルキノ・ヴィスコンティ
05-22 00:59

RT @lunar_shirayuki: 『熊座の淡き星影』、姉弟の禁断の愛は悲劇となったが、ヴィスコンティらしい滅びの美学を堪能した。全編に流れるピアノ曲がまた甘美であった。 https://t.co/pNKoCpAbsF
05-22 00:55


05/20のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

さっきRTしたヴィスコンティの言葉、主義者にはもっと認知されて良いと思う。「映画は芸術ではない」——これはつまり、界内でのdistinctionの所作において、文化貴族が往々にして界内の価値基準に対して自己否定的に振る舞うことを示す最良の例である。
05-20 22:57

ヴィスコンティbot、本格的に始動させてまだ間もないのにもうフォロワー100人越えか。初めて観た映画がヴィスコンティでしたっていうのは強烈なイニシエーションだと思う。
05-20 22:48

RT @Situations01: 「映画はけして芸術ではない。映画はartisanの仕事である。映画は一流のartisanによって作られる場合もあるが、二流、三流のartisanによる場合が多い」ルキノ・ヴィスコンティ「エウロペオ誌」(1966年)
05-20 22:43

RT @Situations01: 「遠慮なく私をデカダンだと言いたまえ。もう馴れている。もはや決まり文句だ。この言葉を悪徳や不健全さで使われるのは困る。デカダンとは、芸術を理解し、味わい、作るためのひとつの“方法”に過ぎない。マンはデカダンだろうか? 譬喩としてなら首肯できる…
05-20 22:43

RT @lunar_shirayuki: 華やぐ https://t.co/NDhUu57po7
05-20 22:30

休憩がてら花園あたりを散歩。 https://t.co/ST1ahgiIzq
05-20 22:28

話題の勉強論を緩用すれば、何かを書き始める場合、享楽的中断によって情報を有限化させるわけだが、その判断は常に主観的である。つまりどの地点で中断を起こすかは究極的には自由である。インプットばかりでもう1pも読めないほど飽和してしまった場合、これをひとつのシグナルとみなしても良い。
05-20 22:25

アネマリー・モルには感謝しなければならない。結局、私は何かテーマを決めて書く場合でも、迂回的に別の分野に賦活されなければ化学反応を起こせないのかもしれない。逆にこれを強味に持っていければと思う。
05-20 22:16

夕方までひたすら新しい論文を執筆。この1ヶ月あまり資料は順調に消化していったものの、なかなかアウトプットの最良の形式まで踏み込めず暗中模索の状態だった。ひとまず4時間ほど集中して書いたけど、ようやく「これでいこう」と思えるリズムを掴めた。
05-20 22:02


05/18のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

RT @lunar_shirayuki: 日射しが凄いし日傘失くしたから買わなきゃフィリッポ・リッピ『受胎告知』 https://t.co/OK9decFw5m
05-18 23:03

@lunar_shirayuki 水面にも映ってるけど、奥に水色の花なんて咲いてたんだね。あの時は気付かなかったよ。
05-18 03:15

2日目の探険ルート。石切➡︎生駒山(緑のライン)➡︎大阪生駒霊園の近くの生駒登山口西(バス停)まで。地図で俯瞰すると大きく迂回しながら山を抜けてきた感じ。 https://t.co/US2EAN2ndn
05-18 03:08

1日目の探険ルート。まず徒歩で新石切まで➡︎額田➡︎額田展望台 https://t.co/ItB1Sk7bOn
05-18 03:05

帰りは石切からかなり離れた地点に出てしまって、住道行きのバスが来るまでバス停付近の歩道橋で30分くらい座っていた。その直前の景色がこちら。待っている間、ずっと隣の田圃でカエルが合唱していた。そういえば、山の中で夏だと勘違いし… https://t.co/X1J3fGM5Yf
05-18 02:56

龍王池 https://t.co/9lLoEUF5lf
05-18 02:51

大阪府立図書館の一階でも今、生駒山系の自然の展示をやっているけれど、イノシシは本当にいるらしい。この石の積み重なりに個人的に妙に惹かれた。 https://t.co/5tSeWOtyoJ
05-18 02:51

石切から生駒へ向かう街並みが本当に好きだ。石切東小学校のそばも通ったけれど、門までの階段の傾斜角が既に凄すぎた。この辺りは庭の手入れが行き届いた美しい家々が多い。 https://t.co/Cx2FkjJLvI
05-18 02:47

生駒山の冒険2日目。旧生駒トンネルはこの通り閉鎖。絶対奥に何かある。この近くのハイキングコースはいきなり難所で別のルートにすぐ変えた。コースの直前で蝶が地面を這っていたけど、もしかすると招いていたのかもしれない。 https://t.co/LMnOHmjb67
05-18 02:44

RT @lunar_shirayuki: お休み貰い初生駒山に行ってきた!もの凄い急勾配の坂道を頑張って登った先にある興法寺と竜王池 https://t.co/ewsAF6fDP8
05-18 02:38

続きを読む


««

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク